「緊縮の政党・候補者には票を入れないで!」Source: 三橋貴明氏ブログ

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。

チャンネルAJER『MMTとハイパーインフレ論者(その1)(前半)』三橋貴明 AJER2019.7.2

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

7月16日(火) MMT国際シンポジウムパネリスト:ステファニー・ケルトン(NY州立大学教授)、藤井聡(京都大学大学院教授)他

http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/resilience/symposium_mmt.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

令和の政策ピボット呼びかけ人に映画批評家の前田有一氏が加わって下さいました。

また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 三橋TV第109回【待望のあの方にご登場頂いたよ】

https://youtu.be/JoCGYFhNYPo  

本日は、三橋TV公開収録のイベント開催日です。収録終了後の懇親会にご出席されるピボット呼びかけ人は、小浜逸男先生、河添恵子先生、室伏謙一先生、平松禎史先生の四名です。 オープニングは、sayaさんのリアル「魅惑のセレナーデ」。  参議院選挙が始まりました。 

興味深いことに、公示ギリギリまで西田昌司先生が毎日新聞や女性自身に出ています。(西田先生は改選なので、普通はあり得ない) 『自民党・西田昌司「安倍総理、今からでも消費税増税の凍結を!」 

10月の消費増税前、最後の国政選挙が行われようとしている。自民党の公約に、消費税10%への増税が明記されたなか、自民党内から増税の凍結を求める声を上げ続ける議員がいる――。

「いまの景気状態で、消費税の増税が強行されれば、家計への影響は計り知れません。日本経済も間違いなく悪くなってしまいます」  

こう警鐘を鳴らすのは、政権与党の自由民主党内で、「消費増税の凍結」を一貫して主張してきた西田昌司参議院議員(60)だ。(後略)』  

西田先生の重要発言というか、これまで「日本では誰も言ってこなかった真実」。

いや、「誰も」というのは「政治家は誰も」という意味で、我々一般人は言い続けてきましたが。

「そもそも、国は中央銀行(日本銀行)を通して、通貨を発行することができます。

いくら国債を発行しても、財政破綻することはありません」 でございます。  

さらにいくつかピックアップすると、「(安倍総理は)私の意見はおおむね理解してくれています。ただ問題なのは、財務省に洗脳されている人たちが圧倒的に多いから、安倍首相も舵を切りにくいのだと思います」

「ホンネでは私と同じ意見の議員は多数いる。

ただ、『いまさら言えない』『決めたことを変えるのはいかがなものか』という理由で、声を上げにくいのでしょう」  

「おおむね理解してくれ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事