――著書『勉強の哲学』が「東大・京大で一番読まれた本」になった哲学者の千葉雅也さん。

本の刊行からまもなく、大学の学外研究(サバティカル)制度を利用して、

アメリカに4ヶ月ほど滞在した。ボストンのハーヴァー…

「海外生活の不安も、些細な冒険も素直に書いてしまおう」哲学者・千葉雅也が過ごしたアメリカ生活

6/8(土) 11:00配信

文春オンライン

――著書『 勉強の哲学 』が「東大・京大で一番読まれた本」になった哲学者の千葉雅也さん。本の刊行からまもなく、大学の学外研究(サバティカル)制度を利用して、アメリカに4ヶ月ほど滞在した。ボストンのハーヴァード大学ライシャワー日本研究所を拠点に、ニューヨーク、マイアミ、ロサンゼルスへ。初めて踏んだアメリカの地での紀行文は、ツイートが元になっている。最新刊『 アメリカ紀行 』はどのように書かれたのか?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190608-00012225-bunshun-life

Source: 文春砲

ヤフーコメント


名無しさん
25分前
本を売るために、最近は書評ではなく、ネット記事で自著の自画自賛をする方が手っ取り早いようだ。

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事