前年比で実質的に減少した緊縮の令和三年度予算:三橋貴明
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

前年比で実質的に減少した緊縮の令和三年度予算:三橋貴明

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。

「国民負担率の引き下げを求めよう(前半)」三橋貴明 AJER2020.2.16 令和の政策ピボット呼びかけ人に「俳優 伊原剛志様」が加わって下さいました。

また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を!

一般参加可能な講演会のお知らせ。4月29日 仙台 

「4月29日 講演会 新型コロナで疲弊した地方経済をいかに救うか?―今こそ日本の中小企業を救え!」

http://mtdata.jp/data_74.html#0429

パンデミック・自然災害・戦争で国民が死んでも「財政規律」を守れ!?

 

[三橋TV第369回] 三橋貴明・高家望愛

https://youtu.be/7o31n2l3EpU  

 

参院本会議で、令和三年度の一般会計予算が成立しました。

『過去最大、21年度予算が成立 106兆円、9年連続更新 2021年度予算は26日午後の参院本会議で、賛成多数により可決、成立した。一般会計総額は106兆6097億円と9年連続で過去最大。20年度当初予算に比べて3.8%増え、3年連続で100兆円の大台を超えた。高齢化に伴い、社会保障費も35兆8421億円と過去最大を更新。防衛費も5兆3422億円に膨らんだ。新型コロナウイルス対策は予備費として5兆円を計上した。(後略)』 

過去最大。9年連続更新。 と、見出しにありますが、実は来年度予算は実質的には「緊縮」になっています。何しろ、令和二年度にはなかった「新型コロナウイルス 感染症対策予備費 5兆円」が計上されているのです。 

コロナ予備費を除くと、令和二年度は102.7兆円。令和三年度は101.6兆円となり、およそ1兆円の減額です。 令和二年度は三度の補正予算により、政府の歳出が175.7兆円に達しました。

つまりは、令和三年に補正予算を組まなかった場合、およそ70兆円もの歳出減ということになってしまいます。  日本のGDPが二桁マイナス成長に突っ込むことは確実です。「そんな・・・、補正予算組まないとか、さすがに・・・」 などと思ってはなりません。 

令和二年度のPB赤字拡大を受け、財務省は猛烈に「引き締め」に走っています。『国の借金1000兆円超え 長期債務残高コロナで膨張、将来世代につけ回し 国債や借入金といった将来税収で返済しなければならない国の借金「長期債務残高」が、3月末に1千兆円の大台を超える見通しとなった。

新型コロナウイ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事