スポンサーリンク
「税金を集めて、みんなのために支出する」という神話:三橋貴明

「税金を集めて、みんなのために支出する」という神話:三橋貴明

 

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「防衛費をめぐり日本の財政議論が始まった」(前半)三橋貴明 AJER2022.12.21 令和の政策ピボット呼びかけ人に「呼びかけ人」に慶應義塾大学商学部准教授 岩尾俊兵先生が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を!

 

農業は国防だ!もはや洒落にならん日本農業の現実

 

[三橋TV第648回]石原達郎・三橋貴明・高家望愛

 

 

 

 

昨年から始まった「財源論」が心底からバカバカしいのは、防衛費にせよ、少子化対策にせよ、普通に国債発行で支出されるためです。 これを否定することは、時空を超える能力を持たない限り不可能なのです。 令和五年度予算の防衛費は、2023年4月に支出が始まります。当たり前ですが、防衛税は徴収されていませんし、そもそも増税時期も決定していません。

とりあえず、日本国民は、「政府は税金を集めて、支出している」 という「神話」から解放される必要があるのです。「政府は私たちの税金を集めて、みんなのために支出する」 という神話こそが、日本国を凋落させている主因なのです。

そういう意味で、昨年、勃発した「財源論」は、「理解した人」を増やす可能性が高い「議論」を巻き起こすため、大歓迎です。無論、100%の人の意識を変えることは不可能ですが、「あれ?」 と、思う人が増えれば増えるほど、我々にとっては得点、財務省にとっては失点になるのです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【経世史論】三橋貴明と「歴史に魅せられて my」がお送りする、経世史論。

https://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/皇統論第四十七回「武士の誕生」、

歴史時事第四十七回「ウィリアム三世」がリリースになりました。ぜひ、ご入会下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『岸田文雄首相、少子化対策「政策整続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,401人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事