安倍総理は第12回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催しました

新型コロナウイルス感染症対策本部(第12回)

令和2年2月23日

 

 

発言する安倍総理4
発言する安倍総理4
発言する安倍総理1
発言する安倍総理1

 令和2年2月23日、安倍総理は、総理大臣官邸で第12回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催しました。

 会議では、新型コロナウイルス感染症への対応について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「国内の複数地域で、感染経路が明らかではない患者が発生しています。現時点は、大規模な感染拡大を防止する上で、重要な局面です。確実かつ効果的な感染拡大防止策を講じ、患者増加のスピードを抑制することは、今後の流行を抑える上で、極めて重要です。同時に今後、国内で患者数が大幅に増えた時に備え、重症者の発生を抑制する観点から、重症化防止を中心とした医療提供体制を早急に整える必要があります。
 現在の状況を的確に把握し、国や地方自治体、医療関係者、事業者、そして国民の皆様が一丸となって、対策を更に進めていく必要があります。各位にあっては、今後の状況の進展を見据えて、国民の皆様や企業に対する情報提供、感染拡大防止策、医療提供体制等について、講じていくべき対策を整理し、国民の皆様に総合的な基本方針として早急にお示しできるよう、厚生労働大臣を中心に作業を進めてください。
 新型コロナウイルス感染症に対する治療薬の研究開発も極めて重要です。新型インフルエンザの治療薬であるアビガン等について、必要な患者の方に、丁寧に説明をし、同意を得た上で、既に一部の医療機関で投与を開始しています。先般取りまとめた緊急対応策に基づき、取組を加速してください。
 また、クルーズ船『ダイヤモンド・プリンセス』については、PCR検査が陰性で、14日間の健康観察期間が終了した方々から、健康状態を改めて確認の上、順次下船を開始し、ほとんどの乗客の方々が下船されました。今後、下船された方々の健康状態のフォローアップを更に強化してください。
 外国籍の方々については、各国のチャーター機等での帰国が順次進められてきており、各国・地域とも連携して対応しているところです。引き続き、乗員の方々についても、船の機能維持などに留意しつつ、下船に向けた必要な検討を進めてください。
 感染拡大防止のためには、今が重要な時期です。繰り返しになりますが、国民の皆様におかれましては、風邪のような症状がある場合は、学校や仕事を休み、外出を控えるとともに、手洗いや咳(せき)エチケットの徹底など、感染拡大防止につながる行動に御協力をお願いします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一

Source: 首相官邸ホームページ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事