真🌸保守速報!安倍総理は第5回新型コロナウイルス感染症対策本部

安倍総理は第5回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催しました

新型コロナウイルス感染症対策本部(第5回)

令和2年2月5日
発言する安倍総理3
発言する安倍総理3
発言する安倍総理1
発言する安倍総理1

 令和2年2月5日、安倍総理は、総理大臣官邸で第5回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催しました。

 会議では、新型コロナウイルス感染症への対応について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「2月3日に横浜港に到着したクルーズ船『ダイヤモンド・プリンセス』については、先月末に香港で当該クルーズ船から下船した方が新型コロナウイルスの感染が確認されたことを踏まえ、検疫法に基づく臨船検疫を実施しております。現在も継続中ですが、船内において発熱等の症状のある方、濃厚接触者の方などの検体採取をし、分析を進めています。
 そのうち、現在までに10名の方から陽性反応が出たことから、検疫官付き添いの下、これらの方々には下船いただき、神奈川県内の医療機関にて措置入院をしています。残る乗員・乗客には、最大14日間の潜伏期間を想定することが必要であることを踏まえ、当面上陸を認めないこととし、必要な期間船内に留まっていただき、感染を予防する行動を徹底しつつ、各自の客室で待機していただいています。
 大型客船内での集団感染という新たな事態の発生に直面しましたが、乗員・乗客の方々の健康状態に十分配慮しつつ、感染の拡大防止に向けて万全の対策を講じなくてはなりません。船内で必要となるマスク等の衛生用品や医薬品、生活物資の支給に加え、今後、医師や看護師等を派遣し、乗客・乗員の健康の確保に万全を期してください。関係省庁は引き続き緊密に連携し、冷静に対応を進めていってください。
 また、水際対策の強化はもとより、国内の検査体制や相談体制の充実・拡大といった蔓(まん)延防止対策の強化も喫緊の課題です。現在、国立感染症研究所や地方衛生研究所で行っている検査について、民間の検査機関においてもできる体制の構築に向け取り組んでいるほか、全国の自治体や関係団体において相談体制を充実しているところでありますが、引き続き体制の整備に向けて取り組み、国民の不安や声をしっかりと受け止めてください。
 引き続き、対策本部を中心に何よりも国民の健康と命を守ることを最優先に、やるべき対策を躊躇(ちゅうちょ)なく決断し、実行してまいりますので、各位にあっても引き続きよろしくお願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

Source: 首相官邸ホームページ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
【速報】菅官房長官「『ホワイト国』除外は日韓関係に影響与えない」
アジア諸国
【速報】菅官房長官「『ホワイト国』除外は日韓関係に影響与えない」
「ホワイト国」除外、菅官房長官「日韓関係に影響与えない」菅義偉官房長官は2日午前の記者会見で、安全保障に関連する物品の輸出管理で手続きを優遇...
ヤフコメ【海上自衛隊】観艦式に韓国軍招待せず
文在寅大統領
ヤフコメ【海上自衛隊】観艦式に韓国軍招待せず
韓国国防省は24日、海上自衛隊が10月に相模湾で実施する観艦式に韓国軍は参加しないと発表した。 日本からの参加要請がなかったという。日本政府...
【憤怒病再発】「竹島は日本領」と米認識 政府、豪文書でも確認
文在寅大統領
【憤怒病再発】「竹島は日本領」と米認識 政府、豪文書でも確認
内閣官房は10日、終戦から5年後の1950年に、米国政府が島根県・ 竹島を日本領と認識しているとの見解をオーストラリア政府に伝えた内容が記載...
🌸保守速報!最新!文春砲!!竹田恒和JOC会長 堕ちた旧皇族の暗部
安倍総理大臣
🌸保守速報!最新!文春砲!!竹田恒和JOC会長 堕ちた旧皇族の暗部
竹田恒和JOC会長堕ちた旧皇族の暗部 ▼明治天皇のひ孫竹田宮邸跡地は高輪プリンスホテルに ▼親族が告白「保険一億で解決」22歳女性を轢いた死...
民進が希望の党に合流へ 調整加速でどうなる?
ヤフーニュース
民進が希望の党に合流へ 調整加速でどうなる?
希望と合流話 民進党内に激震 9/27(水) 19:54 掲載 民進が希望の党に合流へ 調整加速でどうなる?  選挙後の総理大臣指名選挙で小...
百田尚樹氏 小説家を引退…15作目で「最後にいい作品を書けたから満足」
ヤフコメ
百田尚樹氏 小説家を引退…15作目で「最後にいい作品を書けたから満足」
 作家の百田尚樹氏が12日、ツイッターに、小説家引退の意向を記した。 …続きを読む 関連リンク ツイッターになんて書いたの? 最新作について...