2.1 新型肺炎の即時厳正措置を!習近平国賓来日阻止!緊急抗議行動

真正保守速報
【沖縄の声】宜野湾市議会の県民投票「反対」/タレントのローラを利用する沖縄タイムス

 

平成30年12月25日火曜日に放送された『沖縄の声』。

ブログ”狼摩人日記”管理人の江崎孝、

”琉球新報・沖縄タイムスを正す会”運営代表委員の我那覇真子

が様々な沖縄の問題を取り上げ、沖縄2紙・メディアによる嘘・偏向・捏造記事を暴いていきます!

※ネット生放送配信:平成30年12月25日、19:00~ 今週のテーマ
◇良い正月が迎えられない!デニー知事に逆風の嵐
◇宜野湾市議会の県民投票「反対」の意義
◇地方自治法を悪用してきた沖縄県にブーメラン炸裂!
◇タレントのローラを利用する沖縄タイムス
出演:    
江崎 孝(沖縄支局担当キャスター)    
我那覇 真子(沖縄支局担当キャスター)
※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、
『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、
全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/

タレントのローラに続けと便乗している者もいるらしいなあ。知事の化けの皮がボロボロとはがれていて、正体も暴かれるのも時間の問題だ。

10

 

弱音

デニ側のレベルもとことん落ちてきているね、無能な味方は有能な敵に勝るを地で行ってっほしいです。 竹田恒泰さんが沖縄2紙の1面はフォントが無駄に巨大で下品だって笑っていましたね、県民として恥ずかしい‥

8

 

左翼活動家は憧れの教公二法暴動の再現とばかりに張り切っているのでしょうね。当事者である宜野湾市民と辺野古区民の意思を無視して、当事者外の市町村で県民投票を行うことにどんな意味があるのでしょう?・・。理解できません!。また、全国左翼動員による宜野湾市議会に対する示威行動は民主主義の破壊行為であることを知るべき。左翼の動きを見ると彼らの真の狙いは「普天間基地の残存」ではないでしょうか・・。彼らは普天間基地を、重大事故が起こるまで残存させ、もし惨事が起これば一気に米軍と自衛隊を追放する反基地闘争の高揚を図り、願わくば暴動まで持って行きたい!。そして彼らの憧れの国である中国と北朝鮮から賛辞を受けたいのでしょうか・・。もし普天間基地の辺野古移設が実現すると事故確率の低減により彼らの真の目論見が完全消滅するため、彼らはむきになって移設に反対しているとしか考えられませんね。彼らの航空妨害風船闘争からも事故発生願望が見て取れますからね・・。

3

 

divebomer45

八重山日報の記者も「調査のソースが解らなけば裏が取れないから記事に出来ない」くらいの事言えなかったのか?

2

 

温州みかん

愛国心充分で日本大好き沖縄県民は体を張って頑張っているね!!!!良いぞぉ!!北海道民も頑張っているし!!・・・他の県民も駅前や繁華街や市役所などに日本国旗の日の丸を持ちながら散歩しようよ!!国民の人たちは優しい目をして応援してくれるよ!!小さい日の丸国旗は¥200ぐらいだよ

1

 

hayato ijuin

御茶ノ水博士とウランちゃんみたいな二人やな😊😉

1

 

 

 

鈴木豊

沖縄は日本じゃない感じが。一種の無法地帯?ゴッサムシティ。県民投票?金の無駄。法的拘束力ない。投票するなら基地出来る場所の住民投票だけがスジでは?玉城は公約を掲げていたが実行してない。振興予算を県民の為に本気になって使え。明細出せ。国は県に振興予算出さずに各市町村にいくら欲しいか聞いて渡した方がいい。何に使われるかわからないから

 

渡辺恵理華

辺野古埋め立て反対の署名だけど、多数の芸能人が列なってますよね。 あれって創価の芸能部が関わっているんじゃないのかな?

 

渡辺恵理華

ジュゴンおじさんの自宅も埋め立て地。

 

kat naka

ローラの母親は中国人だ!

 

yui yui

宮古島市の自衛隊員がきたら犯罪を犯すと言ったあの議員はfacebook で不思議な事を言ってますね。 「なんかそもそも、県民投票をやるかどうかとか、県民投票の意義とかを検討するのは県議会の役割で、賛成も反対も議論された上でやるって決まったんだから、やるんですよ。県議会で決まった条例を市町村議会で覆すことができるなら、そもそも県議会いらんやんってなりますよね」 辺野古移設とか、自衛隊基地建設も同様に国が議論を重ねたうえで決まりますよね。 賛成、反対はつきもので、決まったからには従うべきでは?と、思います。 決まった事に対して嫌だと思って拒否してるのはそちら側では?と ふと思いました

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。