スポンサーリンク
文春砲❣安倍元首相暗殺 側近議員、元警視総監、米法医学者、政治学者が指摘する「事件の核心」 

安倍元首相暗殺「疑惑の銃弾」第4弾 5つの核心

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース社会政治

週刊文春が3週にわたって報じてきた安倍元首相暗殺を巡る「疑惑の銃弾」。

その内容は各方面で論議を呼んでいる。

そうした中、側近議員、元警視総監、ジャーナリスト、米法医学者、政治学者が指摘する「事件の核心」とは――。

昨年7月8日、演説中に凶弾に斃れた
上から2月16日発売号、2月9日発売号、2月22日発売号

安倍側近議員「体内に残った弾丸への疑問」

 総裁特別補佐として安倍晋三元首相を支えてきた高鳥修一衆院議員(62)。

捜査に違和感を抱き、事件の後、2度にわたり警察に説明を求めてきた。

安倍派で農水副大臣などを歴任

事実関係を明らかにしてほしい。警察に望むことは、この1点に尽きます。

警察庁幹部から説明を受ける機会を得た際、

警察側は、私が投げかけた質問事項に全て回答してくれました。

その姿勢は評価しなければなりません。

ただ、それでも納得できなかった。

司法解剖の結果では、右前頸部(首の付け根の右前)から体内に銃弾が入ったとされています。

しかし、文春が連載第1弾で実証実験をしていたように、

事件発生時の安倍さんの姿勢では、右前頸部に銃弾は当たらない。

警察が説明するように「大きく振り返った」なら、他の傷の付き方に矛盾が生じるのです。私は1月18日、大和西大寺駅前の事件現場にも足を運び、山上(徹也)被告の発砲地点や安倍さんが立っていた演台の位置などを細かく確認しました。

そうやって自分なりに検証をし、警察の説明を聞いても、やはり納得はできませんでした。しかも、おかしな点はこれだけではないのです。発砲地点や演台の位置などを細かく確認しました。そう やって自分なりに検証をし、警察の説明を聞いても、やは り納得はできませんでした。しかも、おかしな点はこ れだけではないのです。司法解剖の結果、体内から見つかった銃弾は一つ。 これは右前頸部から入った もので、発見されたのは右 上腕部だったとのことでした。しかし、上腕部は 首よりも低い位置にある。 なぜ首から入った銃弾が、 上腕部まで移動するのでしょうか。

私は新潟県猟友会の顧問 をしている関係で銃や銃 弾にはある程度の知識があります。また、今回の事件 については個人的に、救命 医などの専門家に意見を求 めてきました。それらの知 見を総合すると、太い骨な どの固い物体に当たらなければ、まっすぐ飛んでいた 銃弾が体内で方向を変える ことは考えにくい。しか し、右前頸部の付近に、銃弾の向きを変えるほどの太い骨はありません。首の固い骨といえば頸椎が思い浮 すが、安倍さんの振りかえり方からすれば、右前頸部から入った弾が頸椎に当たるのも考えられません。つまり、首から入った銃弾が 下方向へ向きを変えて上腕部に到達したことについても、合理的な説明がつかないのです。決して陰謀論ではありません。この事件には、辻褄が合わないことが沢山あります。明示される情報量も少なすぎる。私は事実を知りたいだけなのです。私のもとには、この事件 に疑問を抱く同僚議員たちから「何かあったら協力す る」「文春を読んで問題点 が分かった」という声が届 きました。安倍派に限らず 派閥を横断する形で、その 人数は二桁に及びます。これから公判も始まりま す。まるで〝兄貴”のよう な存在だった安倍さんのためにも、今後の展開を注視し、真相究明の取り組みを続けていきたいと思います。

元警視総監、警察庁の報告書に足りないもの

警備員の配置など、警備体制に問題があったのは確かです。背後の人員が少なくバスや車も通っていた。演説直前からだけでも交通を止められなかったのか。昔から警備警護の世界では(選挙が最も難しい)と言われますが、そのことが改めて浮き彫りになりました。政治家は有権者触れ合うことが大事だと訴えます。それゆえ、交通規制や威圧感のある警備を嫌がります。警察の側で、そうした政治家の意向を忖度することもあります。ある政治家は「撃たれて 死ぬなら後世に名が残る。 良い死に場所になる」とは っきり口にしていました。 しかし、警察はそれを突っ ばれなければならない。政 治の側も警備の側もこうし た姿勢は今後の反省材料に すべきです。警察庁は警備警護を検証し、見直しも含めた報告書を8月に公表しました。後方警戒の空白,,など不備を認め、警備計画案の警察庁への報告を当面求めるなど、全体としてよくまとまっている内容です。しかし、足りないものもある。一つ挙げるなら、警備警護における警察署の責任や権限を、更に強調すべきということです。警察庁では、各警察署長が警備の全責任を負うと指導されます。要人警護で必要になれば、非番や週休取り消しも含め、全署体制で必要な人員を揃える。交通規制をするなといった政治家からの要求も、署長が断るときは、断ります。ただ、警視庁以外では少々事情が異なる。警視庁で は警備部と公安部が独立して存在しますが、他の道府 県警では警備部の中に公安 課と警備課があり、公安課 が上位にある場合が多い。 すると公安主導になり、更 に本部主導、本部任せにな りやすい。結果、意思疎通 が十分なされない警備体制 が生まれてしまうのです。 警備の見直しにあたっては、 そんな視点も必要でしょう。 他方で、銃創の弾道など 「疑惑」と言われる点ですが、現場や資料を見ていな いので論じにくい。 弾丸が 無くなることもあり得ます。 最初は判然としなかっ た弾道や被告らの立ち位置 について、捜査中に見解が 変わることもあります。 五 日後だった現場検証につい ては、弾丸の捜索や確かな証言を得るためにも早期にした方がよかったのかもし れません。小規模の奈良県 だから対応できなかった というわけではないと思います。今後、警察として大事なのは、必要な説明を国民に 尽くすこと。警察の捜査 刑事訴訟のためだけに ものではありません。今回の事件においても、警察は社会の安全に役たつと思われる範囲で、情報を発信していくべきだ。

江川紹子

断片情報で 謀論を煽っている」

神奈川大特任教授で、 ジャーナリストの江川紹子氏。歴史に残る重大事件や裁判を取材してきた。「冤罪」と騒 だ人達がいましたが、少年少事件のため裁判記録が非公 開だったので、陰謀論が 長く語られてしまいました 。それらを踏まえ、今回 事件では「3+1」の響 を司法に求めたい。 最初の「S」は裁判所 強く求めたいことです。 第一に、初公判までに 論点や主張を絞り込む 「全 前整理手続」の公開。 首相が公衆の面前で殺害されたという衝撃的な事件だけに、「週刊文春」の一連の報道は、陰謀論を煽っているの ではないでしょうか。 安倍元首相銃撃事件を、今 ある断片的な情報や資料で、 ああでもないこうでもないと論じるのは、早すぎると思います。 一般論ですが、 実況見分調書調書のような基礎 資料であっても記載等のミスはつきもの。そうした証拠を検察庁で整理し,裁判所で反対尋問を進めながら事実関係を確定していく。その裁判プロセスこそが大事ではないでしょうか。1997年神戸連続児童殺傷事件でも逮捕された少年Aを「冤罪」と騒 だ人達がいましたが、少年 事件のため裁判記録が非公開だったので、陰謀論が 長く語られてしまいました。 それらを踏まえ、今回 事件では「3+1」の要望を司法に求めたい。 最初の「3」は裁判所に 強く求めたいことです。第一に、初公判までに 点や主張を絞り込む 「全 前整理手続」の公開。元首相が公衆の面前で殺害されるという衝撃的な事件です。いまだ解明されていない部分の多い政治家と統一教会との関係も含め、国民の関心は極めて高い。だからこそ、裁判プロセスは透明性が絶対に確保されなければなりません。 第二に、傍聴者への対応 です。 多数の傍聴希望者が 見込まれますが、奈良地裁 は最も大きな法廷でも傍聴 最大七十席。 記者クラブ の席や遺族らの関係者席を 除けば、一般傍聴席は限られ 大多数は抽選に外れて傍聴できません。 この裁判は もっと大きな会場で行うか、法廷とは別の会場に中継して、できるだけ多 人が傍聴できるように すべきです。例えば、フランス のテロ事件の裁判など、海外では前例もあります。十分に記録を開示して欲しい。 検察庁は何かと黒塗り をしたがりますが、住所な と最低限に留めるべきです。 裁判は平日昼間に行われ るめ、傍聴が叶わない が大勢います。 彼らが後 ら記録を閲覧し、本当に 怪しい部分はないか、山上では前例もあります。 法廷映像の保存 裁判員裁判では、証言台 の前にカメラが置かれ、 撮影されている。 「もう一度見たい」 場合に備え、録画しているのです。そうした映像や法廷を中継した際、 映像は、消去せずに保存 おくべきでしょう。

銃創の米専門医 「今の検視結果は変だ」

法医病理学者のキャン ィス・ショッペ博士。 米国で銃撃被害者など、約3000件の法医解剖を行って 解剖のエキスパート"だ

銃創の解剖でのポイントは「遺体に開いた穴の 遺体から回収された銃 数の合計は偶数になる とです。 銃弾が被害者 体を貫通した時に身体 く穴は、銃弾の入口と の二つ。一方で体内に仕えてみると、身体に開いた穴は二つなのに、体内から5 発見された銃弾は一つ。こ つで、奇数になってしまう。 では、なぜこうした事態 る可能性は次の三点です。 第一に、見落としです。 脇の下や股間、生殖器などについた傷は、通常とは異なる見た目のため、見 落としがち。安倍氏の場合、 左上腕部から入った銃弾が 左右の鎖骨下動脈を傷つけた後に体内から消えたのだ とすると、右腕の脇の下に 射出口があり、それを見逃 したことが、二つ目の銃弾 が確認されなかったことの 説明になるかもしれません。第二に、レントゲンによ る銃弾の見落としです。銃 弾をレントゲンで確認する ためには、銃弾が体内外の 何かによって遮られない場 所にあることが前提。 また 稀に、蘇生中に銃弾が血管 を通じて体内の別の場所に 運ばれるケースがあること も考慮するべきです。最後に、最も可能性が高 い要因が、救命措置が長引い たことです。長時間の救命 措置を受けた場合、遺体の 傷が救命措置によって変形したり、不明瞭になることがある。逆に蘇生中に生じた傷を、銃創と誤認してしまうこともある。更に銃弾が血液内に漂っていた場合、救命のために血液を排出する際、医師らにも気づかれないまま一緒に排出され、紛失することもあり得ます。今回は救命医が会見で説明した内容と、司法解剖の結果が食い違っていることも問題視されていると聞きます。ただ、銃創を診るのは簡単なことではありません。法医学者は銃弾の入り口や出口を視覚的に識別できるよう特別な訓練を受けていますが、救命医は違う。そのため、救命医がこれらに言及するのは避けるべきです。誤認は頻繁に起こりますし、後から法医学者が全く別の結論に達した時、陰謀論を生み出すことになる。最悪の場合、誤認逮捕に繋がることもあるのです。米国では、法医病理学者は法医解剖の所見について合理的な説明をする義務があります。努力しても身体の穴と銃弾の合計の辻褄が合わないことはある。しかし、それを徹底的に調査し、解決することを怠ってはいけないのです。

原武史

 「文春はまだ 真相に迫れていない」

司馬遼太郎賞など数多くの賞を受賞

日本政治思想史が専門で、放送大学教授の原武史氏。近現代の皇室やテロ事件に詳しい。

なぜ二〇二二年の今、元首相が あのような形でテロに遭っ たのか。未だに人々 どこかモヤモヤした戸惑いや不安を抱え続けているよう に思えます。日本政治史において極めて重大な事件なのは間違いない。そうした中、真相を究明しようとする「週刊文春」の志は評価します。 警 察の説明や捜査の矛盾など 「疑惑」として提示する点 も、個別には理解できる。 しかし、「疑惑」のその先 何があるのでしょうか。 ここまで三回の連載を読んでも、残念ながら事件全体 の真相に迫ることができて いないという印象です。参照すべきは、1921年,平民宰相と呼ばれた現職の首相、原敬が刺殺された事件でしょう。現場の東京駅で逮捕された男 は、大塚駅で線路の分岐器を操作する鉄道員でした。 ただ、動機が釈然とし という見方もあり、単独犯 か、それとも背後に黒幕が いるのかなどをめぐり、 複数の説が飛び交ったので す。また、戦後公開さ 「原敬日記」には、暗殺される八ヶ月前、立憲政友会 の代議士の岡崎邦輔や 原の腹心で三島由紀夫の祖父である平岡定太郎から 「暗殺する計画が あるようだ」との趣旨の忠 受けたと書かれています。 これが背後の動きを思わせる記述だとして、今も 真犯人に関する疑惑を指摘する声があります。これに対し、文春が報じてきた疑惑は、「警察の説明 が不十分」という以上の 何かが示されていない。矛盾があるならその先に 何かあり得るのか。山上 被告以外に協力者がいるのか、いないのか。そこに言及しなければ、読者には モヤモヤが残ります。 改めて痛感したのはテロの影響力の大きさで す。 決して許されない暴力 で明らかになったのは、戦 後日本の民主政治における“闇”でした。自民党と統 一教会(現世界平和統一家庭 連合)との癒着です。 政治 学にも十分な研究がなく、 私たち政治学者もここまで の癒着を知らなかった。考え込んでしまう事件です。 確かに、安倍派の有力政 治家と教団との一定の繋が りは見えてきました。とこ ろが、被害者である安倍晋 三元首相と教団との関係が どれほどだったかが、分か ったようで分からない。本 人は亡くなり、政府も曖昧 にしたまま、時が過ぎるのを 待っているように見えます。 実は、党の存立に関わる ほどの「真相」はそこにあ るかもしれない。ただ、公 判でいくら山上被告だけが 動機を語ったとしても、そ れは彼の主観に過ぎず、全 体像に到達できません。メディアには、そこを解 明していくことに期待した い。「疑惑」の先には何が あるのか。今一度、吟味し 考える必要があります。

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,401人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。