【大阪府知事選挙】新党くにもり関西代表 稲垣ひでや立候補表明記者会見

スポンサーリンク
文春砲❣《岩田明子氏》安倍晋三が凶弾に倒れた際、妻・昭恵の脳裏に浮かんだ言葉とは

《岩田明子氏が初めて聞いたエピソード》安倍晋三が凶弾に倒れた際、妻・昭恵の脳裏に真っ先に浮かんだ言葉とは

安倍晋三秘録 第6回

2023/02/14

ジャーナリスト・岩田明子氏による人気連載「安倍晋三秘録 第6回 金正日・正恩との対決」(「文藝春秋」2023年3月号)の一部を転載します。

◆◆◆

「覚悟しておいてほしい」

今から約20年前の2002年9月17日。日が昇り切らず、薄暗さが残る朝5時だというのに、富ヶ谷の安倍晋三邸の前には大勢の記者が詰めかけていた。私もそのうちの一人だった。NHKの政治部記者として安倍番になって、2か月しか経っていない頃だ。

岩田明子氏

この日、小泉純一郎総理が北朝鮮を訪問し、最高指導者である金正日との首脳会談に臨む、「電撃訪朝」が予定されていた。官房副長官として同行する安倍の出発を、記者たちは今か今かと待ち受けていたのだ。

しばらくして、玄関口に現れた安倍は記者たちを一瞥すると、送迎車に乗り込んだ。その時の凍てつくような厳しい表情は今も忘れない。

「北朝鮮で殺されるかもしれない。政治家の妻として、覚悟しておいてほしい」

実はこの日の出発前に、安倍は妻の昭恵にそう打ち明けている。今回の取材で、初めて耳にしたエピソードだ。過去20年取材した中でも、これほど重い言葉を聞いたことはなかった。

それまでにも北朝鮮は、外国人の拉致だけでなく、115人もの死者を出した大韓航空機爆破事件など、指導者の命令によって数々の凶悪犯罪に手を染めてきた。そうした国家と対峙するにあたって、安倍は命を懸ける覚悟だったのだろう。昨年7月に安倍が凶弾に倒れた際、昭恵の脳裏に真っ先に浮かんだのが、この「殺されるかもしれない」という言葉だという。次のページ「もう一度総理になってください」

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,401人の購読者に加わりましょう

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。