真正保守速報
「新型肺炎やグリホサートなどの「外敵」から」: 三橋貴明氏ブログ

三橋経済塾第九期の入塾申し込み受付を開始しました。

https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。

チャンネルAJER『MMTとナショナリズム(前半)』三橋貴明 AJER2019.12.24 令和の政策ピボット呼びかけ人に、高橋あさみ様(私立Z学園高等学校 1年4組 16歳)が加わって下さいました。

また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 三橋TV第188回【全てを「財務省のせい」にしてしまえ!】

https://youtu.be/gP4PXyl88xU  

三橋経済塾第九期ですが、ようやくゲスト講師が確定しつつあります。今回は、地方講義が多いため、スケジュール調整に苦労しています。 

一月のゲスト講師は竹村公太郎先生(日本水フォーラム代表理事・事務局長)でした。インターネット受講の皆様は、もう少々お待ちください。 

二月のゲスト講師は、京都大学大学院教授の藤井聡先生です。 

今年は「地方講演(※東京以外)」に限って、一般の方も講義に参加可能にしたいと思います。三月以降の場所とゲスト講師が確定している回は、以下の通りです。 第三回(令和2年3月21日(土)) 

東京 ゲスト講師は浜崎洋介先生(文芸評論家)第四回(令和2年4月18日(土)) 

仙台 ゲスト講師は室伏 謙一先生(室伏政策研究室代表 政策コンサルタント)

第五回(令和2年5月16日(土)) 東京 ゲスト講師は中野剛志先生(評論家)

第八回(令和2年8月15日(土)) 東京 ゲスト講師は大原浩先生(株式会社大原創研代表取締役)第十回(令和2年10月17日(土)) 大阪 ゲスト講師は佐藤健志先生(評論家・作家)第十一回(令和2年11月21日(土)) 福岡 ゲスト講師は施光恒先生(九州大学大学院比較社会文化研究院教授)  

ちなみに、6月が札幌、7月が沖縄、9月が名古屋、12月は東京です。  さて、令和の政策ピボット呼びかけ人のお一人、平松禎史氏が、実に興味深いエントリーを書かれていたので、ご紹介。

『「内閣府:景気後退は新型肺炎のせい」…出るか。(前略) 安倍政権下では悪い予測は必ず当たってきましたので、あんまり書きたくないんですが書いておきましょう。 遅ければ1−3月期のGDP統計が出る5月。早ければ1、2月の景気動向調査結果が出る3月までに、こう言うでしょう。 「1ー3月期の景気後退は新型肺炎のせい」(後略)』  消費税増税による景気後退を「台風のせい」と説明する政府です。「新型肺炎のせい」、あり得ますね。 

それにしても、今回の新型肺炎のパンデミックという「非常事態」を受けて、つくづく思い知ったのは、「日本政府」という組織の能力不足、あるいは「国民を守るという意志の欠如」です。 

考えてみれば当然で、何しろ日本政府はグローバリズムのトリニティに基づき、緊縮財政、規制緩和、自由貿易を推進している。つまりは、「国家の店じまい」を進めているのです。  店じまい中の政府が、非常事態に対処できるはずがありません。

【歴史音声コンテンツ 経世史論】

http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/

※2月15日まで竹村公太郎先生の「日本文明の誕生-神話から歴史へ-」をご視聴頂けます。。  台湾政府は、中国への観光ツアーを24日から当面停止するよう旅行会社に通知しました。フィリピン政府は、武漢からの航空便で、カリボ国際空港に到着した中国人

続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事