【討論】韓国が消える!?[桜R1/9/21]

ベストセラー『反日種族主義』の韓国人学者が解説

 韓国政界が揺れている。日本との外交関係が緊迫する中で勃発した、文在寅大統領の“後継者”ともいわれる曺国(チョ・グク)氏のスキャンダル。

 曺氏は9月2日に緊急会見を開き、娘が名門大学に不正入学した疑惑などについて全面的に否定した。午後3時半に始まった会見では曺氏への追及が続き、休憩を挟みながら翌3日午前2時まで11時間にわたる異例の会見となった。

緊急会見での曺国氏。11時間にもわたり追及が続いた ©AFLO

互いを誹謗することが韓国政治の中心

 権力側に立つと途端に執拗な追及を受ける姿は、朴槿恵大統領のスキャンダルを思い起こさせる。朴前大統領が弾劾されたのも、知人女性の娘が大学に不正入学したことが原因だった。

 なぜ韓国政界では、権力者が次々と疑惑によって引きずり落とされ、逮捕など無惨な事態を迎えてしまうのだろうか。

 この夏、韓国社会の反日主義を強く批判した『反日種族主義』(共著)を刊行し、韓国で異例のベストセラーとなっている落星台経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)研究委員は、「週刊文春デジタル」の取材に、次のように語っていた。

「韓国の政治家は、対話と妥協が苦手で、互いを誹謗することが政治の中心になっている。さらに、固い支持基盤もないので、相手をどれだけ攻撃するかで支持率が乱高下する。民主主義が韓国において成長しないのは、そのあたりに限界があるからです」

イウヨン氏

 その「相手を誹謗すること」に重きが置かれる政治姿勢は、対日外交にも共通しているという。

「韓国はまだ民主主義の経験が乏しい。本来、政治とは、利害関係の違う他の勢力と意見を調整して統合させるものです。今の韓国には、その能力がないため、ひたすら相手が“悪魔”であるかのように追い込んでいくことしか出来ません。それは、外交において日本を悪魔のように扱ってきたのと同じロジックです」

 そして、韓国の政治スタイルの問題点について、次のように語った。

「権力が大統領にあまりに集中している。大統領責任制が韓国に向いているかどうか、考えてみる時が来たのではないでしょうか」

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。