株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。

『政府が国債を発行すると家計の預金が増える①』三橋貴明 AJER2019.2.26

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 三橋TV第63回【実質賃金の正体を暴いてみた】

イギリスのテリーザ・メイ首相は、イギリスの欧州からの離脱案のバックストップ条項について、かなりイギリス側の主張に沿った形でEUと合意しました。 これまでのバックストップ条項では、イギリスがEUの完全同盟に永遠に縛られる可能性がありました。

今回の合意案は、その危険性を排除したものです。 二度目の合意を受け、EUのユンケル委員長は、「3度目のチャンスはない」 と、警告。 というわけで、メイ首相は再合意案をイギリスの下院で採決にかけたのですが、敗北。

『英議会:メイ首相の修正離脱案を否決、延期や撤回の可能性も浮上

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-12/PO9NSL6JTSE801

メイ英首相が欧州連合(EU)から取り付けた修正を加えたEU離脱案を、英議会は12日否決した。英国の政治情勢は一段と危機的状況となり、離脱の延期あるいは撤回の可能性さえ浮上している。 メイ首相は11日遅く、EUの行政執行機関である欧州委員会のユンケル委員長と離脱条件の見直しで合意を成立させたが、この合意案は12日夜に反対391、賛成は242で否決された。今年1月に当初の離脱案が否決された際は230票の歴史的な大差だったが、今回はそこまでの差はつかなかった。

コックス英法務長官はインタビューで、今月29日の離脱期限の延期は「不可避」だと語った。 修正離脱案の承認がほとんど見込めなくなったことから、下院は恐らく週内に離脱延期の採決を行うとみられる。一部閣僚も含めた議員らは、政府に対し離脱プランをいったん白紙に戻し、再び一からやり直すよう求める可能性が高い。

下院は13日に合意なき離脱の是非を採決する見通し。メイ首相は保守党議員にも自由な投票を認めると述べた。(後略)』  今回の離脱案が否決されたことで、いわゆる「合意泣き離脱」の確率がかなり高まった感触です。

何しろ、EU側としては「3度目はない」と大見えを切っている以上、離脱延期の検討はするかもしれませんが、イギリス側が、「これこれこういう理由で、こうれだけの期間延長したい」 といった理屈がないと認めないでしょう。 実際、トゥスク常任議長の報道官は、「離脱延期とその期間には信頼できる理由」が必要と語っていま続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事