キャッチオール規制英語: Catch-All Controls)は、安全保障貿易管理の枠組みの中で、大量破壊兵器及び通常兵器の開発等に使われる貨物の輸出や技術の提供行為などに対する管理・規制を指す。

スポンサーリンク




目次

概要[編集]

規制の目的は、国際的な平和と安全を維持するために、大量破壊兵器等の開発・拡散防止や通常兵器の過剰な蓄積を防止することである。 リスト規制ほど即座に軍事転用可能なものではないが、使い方によっては大量破壊兵器や通常兵器の開発などに寄与するものの輸出及び技術提供に対する規制である。

輸出先対象国・地域は、輸出貿易管理令の別表第3に示されるホワイト国27カ国以外である。ホワイト国と指定される欧米を中心とする国に対しては、キャッチオール規制は対象外となる。これらは輸出管理レジームのもと管理を厳格に実施しているため、上記の兵器の拡散を行わないことが明白であるとされる。

但し、「通常兵器キャッチオール」において客観要件が適用されるのは、輸出貿易管理令の別表第3の2に示される国連武器禁輸国・地域に限定されている。 発動要件は客観要件(輸出者が需要者と用途を確認した結果、軍用に用いられるおそれがある場合)とインフォーム要件(経済産業大臣から許可申請すべき旨の通知を受けた場合)とがあり、これら要件に該当する輸出等の場合には経済産業大臣の許可が必要となる[1]。 経済産業省は客観要件に該当する輸出先になると特に懸念される企業・組織等を外国ユーザーリストとして公表している。

キャッチオール規制によって北朝鮮への不正輸出事件が複数件規制対象となっている。

日本の規制[編集]

日本ではワッセナー・アレンジメント協定などの国際輸出管理レジームのもと経済産業省が補完的輸出規制を定めている。この中で「大量破壊兵器キャッチオール」と「

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ

1801samuraiJ.jpg
2月22日は竹島の日。今年は韓国による不法占拠から66年目。
ブログやSNSをされている皆様、「竹島プロジェクト」にご協力を。
参加表明くださった方は記事内にリンクを貼らせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■2/4放送 DHCシアター「真相深入り!虎ノ門ニュース」

190204-00title.jpg

今日も盛りだくさんですが、特に『トラ撮り!』で紹介された、対韓国制裁は必読。
経産省の「キャッチオール規制」で、韓国は現在「ホワイト国」になっているが、それを外すというもの。
一見穏やかな手法だが、効果はすごくあるとのこと。
あと『トラ撮り!』の最後に出てきた、亡くなった鴻池さんの話は、ちょっとジーンと来ました(T_T)

<今週のニュース項目>
(1)北方領土は「主権有する島」安倍首相
(2)県民投票 全県で一斉実施 沖縄
(3)拉致問題DVD「在日コリアン傷つける」教研集会
(★)お知らせ
(★)トラ撮り!
(4)米が露に破棄を正式通知 INF条約失効
(5)ロシアもINF条約履行停止
(6)米朝再会談 特別代表がソウル入り
(7)米朝会談開催地はダナンか CNN報道
(8)習主席訪日へ意思疎通 外務次官級が協議
(9)小林陵が今季10勝目 W杯ジャンプ男子個人

[続きがあります]

Source: ぼやきくっくり時事ネタぼやきと番組書き起こし

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事