尖閣諸島実効支配推進強化のための、民間防衛漁業活動へご支援を!

真🌸保守速報!最新!文春砲!新たな女性が涙の告発 「広河隆一は私を二週間毎晩レイプした」   

広河隆一氏に「2週間毎晩襲われた」新たな女性が性被害を告発

「週刊文春」(1月3・10日号)でライターの田村栄治氏が報じた世界的フォトジャーナリスト・広河隆一氏(75)の性暴力告発記事。それを読んだ首都圏のある主婦から、新たな告発が寄せられた。

“人権派”ジャーナリストとして国内外で知られ、報道写真誌「DAYS JAPAN(デイズジャパン)」(以下DAYS)を15年間発行してきた広河氏。

 

 前述の「週刊文春」では7人の女性が「セックス強要」や「ヌード撮影」の被害を訴え、それを受けて広河氏は「DAYS」(2019年2月号)誌上で「傷つけることになった方々に対して、心からお詫びいたします」と謝罪した。

 だが、今回新たに寄せられた翔子さん(30代・仮名)の告発は、前回記事にも増して衝撃的な内容だった。

 ジャーナリストに憧れていた翔子さん(当時20代前半)が広河氏と出会ったのは、2000年代後半の秋。大学で「女性差別」をテーマにした集会があり、広河氏が講演した。終了後、翔子さんは広河氏から声をかけられ、広河氏の個人事務所で作品整理などのアルバイトをすることになった。

広河氏 ©共同通信社

 ほどなく、広河氏から海外取材に同行してほしいと言われたが、現地のホテルに行くと、部屋は一つしか用意されていなかった。

そこで、広河氏にこう言われたという。

海外取材前に広河氏が書いた身分を証明するメモ

「取材先の男性スタッフたちが、君を貸してほしいと言っている。僕らの滞在中、彼らは君を借りてセックスしたいそうだ。彼らにとって君は外国人だからね。君はどうするか。彼らとセックスするか。それとも僕と一つになるか。どっちか」

 そこからの2週間は悪夢のような日々だった。翔子さんは「2週間、毎晩レイプされた。逃げたくても、知らない国で誰にも助けを求められず、彼の言うことを聞くしかなかった」と振り返る。

 こうした証言を、広河氏はどう受け止めるのか。電話やメールで再三取材を申し入れ、代理人の弁護士を通じても催促したうえで6日間待ったが、氏からの回答はなかった。

「DAYS」は2月発売号で休刊が決まっており、最終号では広河氏の性暴力疑惑についても検証すると発表している。翔子さんの告発について、どのような見解を示すのか、注目される。

 1月31日(木)に発売される「週刊文春」では、広河氏が翔子さんに渡した直筆のメモなどとともに、詳細な証言内容、告発に至る経緯などを4ページにわたって報じている。

世界的人権派ジャーナリストに性暴力疑惑 7人の女性が証言

 チェルノブイリ原発事故、薬害エイズ問題などに取り組み、常に被害者の側に立ってきた人権派フォトジャーナリストとして世界的に知られる広河隆一氏(75)に、職場の女性へのセックス要求、ヌード撮影、セクハラなどの疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。

レバノンを取材する広河氏(2014年) ©共同通信社

 広河氏といえば、2004年に月刊報道写真誌「DAYS JAPAN」を編集長として創刊。「1枚の写真が国家を動かすこともある」をモットーに、15年間発行を続けてきた。経営難と後継者不在を理由に、来年2月の休刊を先日発表したばかりだ。私生活では、大手出版社に勤める妻と暮らしている。

 広河氏による性被害を訴えた女性のうちの一人は、編集部でアルバイトをしていたある日、広河氏に、「キミは写真が下手だから僕が教えてあげる」と言われ、指定の日時にホテルに来るよう指示されたという。ホテルの部屋に足を踏み入れた途端、ベッドへ連れて行かれ、恐怖で言葉を発せず、抵抗できないうちに関係を持たされたと証言している。

 広河氏を直撃すると、「望まない人間を僕は無理やりホテルに連れて行きません」「断る間もなくそんなことができるなんて、普通ありえないですよ」「(女性たちは)僕に魅力を感じたり憧れたりしたのであって、僕は職を利用したつもりはない」などと反論した。

 2017年10月に米紙ニューヨーク・タイムズが映画プロデューサーのワインスタイン氏による数十年に及ぶセクハラや性的虐待を告発して以降、全世界に広まった「#MeToo」運動。以降、被害者たちの訴えに真摯に耳を傾けることが求められるのが世界的潮流だ。

2018年ノーベル平和賞の有力候補にもなった「#MeToo」運動 ©共同通信社

 7人もの女性が詳細に被害を訴えた事実に、被害者の側に立った報道を旨としてきた人権派ジャーナリスト・広河氏は、今後どう対応するのだろうか。

 前出の女性同様、ホテルに誘われたり、ヌードを撮影されたりした被害女性7人の証言、広河氏の反論は、12月26日発売の「週刊文春」では6ページにわたって掲載される。

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
安倍総理は新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の提言を受けて会見を行いました
安倍総理大臣
安倍総理は新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の提言を受けて会見を行いました
新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の提言を受けての会見 令和2年5月1日 会見する安倍総理 会見する安倍総理 会見する安倍総理  令和2...
☆森友問題 財務省幹部らを告発 ― 意図的に「市民団体が」という主語を抜かしてる罠 まだゴミどもは森友問題やりたいのか だいたい、学校法人に地方公共団体が割引するのなんか普通だろうが 森友の件は、後から学園長が異常な事がわかっただけ 交渉過程は多分慣例通りだよ
安倍総理大臣
☆森友問題 財務省幹部らを告発 ― 意図的に「市民団体が」という主語を抜かしてる罠 まだゴミどもは森友問題やりたいのか だいたい、学校法人に地方公共団体が割引するのなんか普通だろうが 森友の件は、後から学園長が異常な事がわかっただけ 交渉過程は多分慣例通りだよ
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); rakuten_design="sli...
大阪市が姉妹都市を解消!サンフランシスコが売春婦像に虚偽碑文・東京もソウルと解消しろ!
韓国
大阪市が姉妹都市を解消!サンフランシスコが売春婦像に虚偽碑文・東京もソウルと解消しろ!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓大阪市の吉村市長は、「碑文は史実と異なる」としてサンフランシスコ市に対してニセ慰安婦像(売春婦像)...
文春:台湾で、60代、70代になってから自殺する人が多い理由
総合
文春:台湾で、60代、70代になってから自殺する人が多い理由
『自転車泥棒』(呉明益 著/天野健太郎 翻訳) 台湾の人気作家・呉明益さんの小説『自転車泥棒』は、現代の台湾を生きる息子たちが、父親たちの語...
小沢一郎「野党は自民党に比べると、もう子どもみたいだ。あのときあの野郎こうしたとかああしたとか」
あべが―
小沢一郎「野党は自民党に比べると、もう子どもみたいだ。あのときあの野郎こうしたとかああしたとか」
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) 2018/12/13(木) 00:46:09.25 ID:idMcsTtl0 自由党・小沢一郎代表(...
山口真帆の謝罪の内容(全文)や動画!台本の可能性は?なぜ一人で謝罪し,運営は説明しない?01/10
アイドル
山口真帆の謝罪の内容(全文)や動画!台本の可能性は?なぜ一人で謝罪し,運営は説明しない?01/10
1月8日夜のショールーム動画で、山口真帆さんの号泣動画が放送されました。 その内容は、男2人に襲われてそれが個人情報を流出したのが自分と同じ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。