「三橋貴明氏のブログ」人類の文明を変える国際リニアコライダー

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 三橋貴明のツイッター はこちら人気ブログランキング に参加しています。 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 『失った所得、失う所得①』三橋貴明 AJER2018.6.26https://youtu.be/Edj-Fbw8LkU ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆> ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 本日はチャンネル桜「「闘論!倒論!討論!2018 日本よ、今...」 」に出演します。http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1655 昨日は6月29日(金) チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演しました。【Front Japan 桜】緊急現場レポート!人類の運命を左右する-ILC(国際リニアコライダー)誘致実現のタイムリミット迫る / 「高度プロフェッショナル制度」の真実[桜H30/6/29] https://youtu.be/jDTVs9WCTNchttp://www.nicovideo.jp/watch/1530250446 産経新聞が国際リニアコライダー(以下、ILC)について記事にしてくれました。(※こう書かざるを得ないほど、在京マスコミはILCを取り上げない)『次世代加速器「ILC」の応援組織が発足 日本誘致の機運盛り上げ目指すhttps://www.sankei.com/life/news/180629/lif1806290038-n1.html 建設が実現すれば日本初の世界的な研究施設となる次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」について国民的な誘致機運を高めようと、各界の有識者が応援団的な組織「ILC100人委員会」を立ち上げ、東京都内で29日、発足記念式典を開いた。 ILCは、素粒子の一つのヒッグス粒子を大量に生産して性質を調べ、物質や宇宙の成り立ちを探る大型施設。日米欧が総額約5千億円の建設費を分担し、岩手・宮城両県にまたがる北上山地の地下に建設する構想を素粒子物理学の国際組織が進めている。(後略)』 チャンネル桜の番組「緊急現場レポート」で解説させて頂きましたが、ILC誘致のデッドラインが数か月後に迫っています。 初期段階のILCの長さが20kmに短縮されたため、日本が負担するべきコストは10年で3000億円。一年間で、わずか300億円です。 年間300億円の「おカネ」を支出するだけで、北上の地に世界中から天才学者たちが集まり、同地が世界の知識、知恵、知能の中心になる。  また、ILCは建設に十年かかり、その後は20年は運転を続けることになります。 番組でKEKの道園博士が語っていましたが、ILCプロジェクトを推進することで、技術を「次の世代」につなぐことができます。 今、小学生になろうとしている子供たちが、将来、ILCを担う技術者、科学者、物理学者として育っていく。 政府が閣議決定した科学技術白書2018で認めたように、「日本の科学技術「力が急激に弱まった」 (引用)」 というのが続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事