真正保守!アメリカで進む 「経済政策の静かな革命」:三橋貴明
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

真正保守!アメリカで進む 「経済政策の静かな革命」:三橋貴明

 

 

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「変わる世界の経済学変わらない日本の経済学」(前半)三橋貴明 AJER2020.3.23 令和の政策ピボット呼びかけ人に「俳優 伊原剛志様」が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を!

 

飢える子供を自己責任論で見捨てるなら、国家なんかいらないよ!

[三橋TV第376回] 三橋貴明・高家望愛

 

わたくしは、十年以上、

1.政府の負債(財務省の言う「国の借金」)が100%日本円建ての我が国に、財政問題などない

2.世界屈指の自然災害大国で、中国の脅威が高まっている我が国は、財政を拡大しなければならない と、

主に二つの論点から、「安全保障という需要を満たすために、貨幣(国債)の供給を増やせ」 と、主張し続けてきました。 

もちろん、防災や防衛以外にも、食料安全保障、エネルギー安全保障、医療安全保障の強化。

さらには、安全保障以外でも、社会保障の充実、貧困化した「同じ国民」の救済、

科学技術力の強化(これも安全保障ですが)のためにも、

日本は財政を拡大し、早期のデフレ脱却を果たさなければならないと訴えてきたわけです。 

ところが、日本政府は緊縮財政と、愚かな選択と集中を続け、

実質賃金の低下、雇用の不安定化、さらには東京一極集中が継続。少子化が加速し、

このままでは「日本人が消滅するのでは?」との危機感を持つに至ります。 

状況が一変したのが、2019年以降です。 まずは、MMT(現代貨幣理論)の到来。

「変動為替相場制の独自通貨国が、自国通貨建て国債で財政破綻することはない。

国債発行の制限は、あくまでインフレ率」 という、ごく当たり前の考え方というか「事実」が、経済学として説明された。 

加えて、2020年のコロナ禍襲来と、中国の軍事的脅威の高まり。 

上記の1と2が、現実によって補強されることになったのです。 

そして、今、アメリカがまさに1と2の観点から、経済政策はもちろん、経済学そのものを「大転換」しようとしている。

『“新しい戦争”を勝ち抜くために アメリカは「反緊縮」へと大転換した 

バイデン政権が前代未聞の巨額財政出動に動いている。

3月12日に200兆円規模の「大型追加経済対策」を成立させたうえに、

3月31日には、さらに200兆円超を投じる「成長戦略」も発表。

直近まで支配的だった緊縮財政から、一気に積極財政へと舵を切ろうとしている。

そして、その論拠は、新型コロナウィルスと中国という脅威に対抗する「戦争続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事