米国、人権問題を理由に北京五輪ボイコットも選択肢 「同盟国と協議」
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

米国、人権問題を理由に北京五輪ボイコットも選択肢 「同盟国と協議」

〜ネットの反応「森元首相を人権だなんだって責めてた人たち、当然ボイコットに賛成するよな?」

米国、人権問題を理由に北京五輪ボイコットも選択肢 「同盟国と協議」〜ネットの反応「森元首相を人権だなんだって責めてた人たち、当然ボイコットに賛成するよな?」

 

米 北京五輪ボイコットも選択肢 「同盟国と協議」

人権問題をめぐる米中の対立が深まるなか、アメリカ国務省の報道官は来年の冬の北京オリンピックを同盟国とともにボイコットする選択肢も排除しないという考えを示しました。

アメリカのバイデン政権は中国の新疆ウイグル自治区でウイグル族などに対するいわゆる「ジェノサイド」が続いているとして中国政府を強く非難していて、これを否定する中国との対立が深まっています。

こうした中、アメリカ国務省のプライス報道官は6日の記者会見で、北京で来年2月に予定されている冬のオリンピックへの対応について聞かれ「世界中の同盟国や友好国との緊密な協議に基づいて決める。同盟国や友好国を結集させることで中国政府により大きな影響を与えることができる」と述べました。

そのうえで「同盟国と協議してボイコットを検討するのか」と問われると「それはまさに協議したいことだ」と述べ、同盟国とともにオリンピックをボイコットする選択肢も排除しないという考えを示しました。

ネットの反応
名無し
森元首相を人権だなんだって責めてた人たち、当然ボイコットに賛成するよな?

 

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします

政治ランキング

にほんブログ村

Copyright © 2021 アノニマス ポスト All Rights Reserved.

Source: アノニマス ポスト

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事