デービッド・アトキンソンから三回目のお手紙をもらった件:三橋貴明
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

デービッド・アトキンソンから三回目のお手紙をもらった件

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。

「国民負担率の引き下げを求めよう(前半)」三橋貴明 AJER2020.2.16 令和の政策ピボット呼びかけ人に「俳優 伊原剛志様」が加わって下さいました。

また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を!

一般参加可能な講演会のお知らせ。4月29日 仙台 

「4月29日 講演会 新型コロナで疲弊した地方経済をいかに救うか?―今こそ日本の中小企業を救え!」

http://mtdata.jp/data_74.html#0429

パンデミック・自然災害・戦争で国民が死んでも「財政規律」を守れ!?

[三橋TV第369回] 三橋貴明・高家望愛

はい、というわけで、デービッド・アトキンソンから三回目のお手紙をもらいました。相変わらず「爆笑」ものの寄稿なのですが、どうぞ。

『日本人の知らない経済政策「PGSを増やせ!」 衝撃の事実!途上国の半分しかない日本のPGS

◆「財政出動不要論」について考える 

前回の記事(仮にMMTが正しくても「特効薬にはならない」訳)では「政府によるさらなる財政出動は有効なものの、それが必ずしも特効薬になるわけではない」ことを確認しました。さて、財政出動については必要性を訴える人がいる一方で、反対の声を上げるエコノミストも少なくありません。そこで今回は財政出動に反対する人の意見を検証し、両者の妥協点を探ります。  

特に記事後半の「生産的政府支出(PGS)」の議論に注目していただきたいと思っています。「政府支出は経済成長に対してマイナスである」という当時のコンセンサスを大きく変えたPGS論文が1990年に発表されたことは、日本にとってきわめて大切な新しい論点です。(後略)』 アトキンソンは、「生産性」について「労働生産性 x 労働参加率」で見るという、頭の悪い興味深い定義をしております。   

というか、アトキンソン君。君ってさあ、「日本の問題は労働者の所得が低いこと」 という理由で、中小企業改革だのなんだのと言い出したんじゃないの?  つまりは、実質賃金の低下を問題視していたんだよね。 実質賃金は、「労働生産性 x 労働分配率」で決まります。  

アトキンソンは、本来であれば「労働生産性」と「労働分配率」の引き上げを主張しなければならないのですが、なぜか「労働参加率」にこだわります。 

労働参加率が上がったところで、労働生産性が下がると、実質賃金は低下するだろうが。 まあ、「賃金が安い日本」 を維持したいアトキンソンとしては、「労働生続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事