ウイグル問題、欧中の経済関係にも波及 中国でH&M不買運動
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

  1. 阿比留瑠比

    「朝日新聞は最高裁が『植村隆は意図的に事実と異なる記事を書いた。捏造との指摘は真実性がある』との判決を、

    『事実相当性はあり結論は支持された』と捏造の上塗り&国際問題化の一因となった記事が

    捏造認定さても不正確な記事で反省なし」

    捏造を居直る朝日

    https://special.sankei.com/a/politics/article/20210325/0002.html 

     

  2. EUは2020年末合意の中国との投資協定批准手続きを先送り。

    一方中国は新疆綿を調達しない方針のH&Mを排除へ。

    報復合戦は今後更に強まる。

    だが中国は新疆問題を絶対に譲れない。

    真実が明らかになれば、あまりの残忍さに世界は絶句する。

    敗北は中国共産党の終焉を意味するのだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/28c3fa1afd21777acd715cc6448106a6ff9a37a5 

     

  3. 竹田恒泰「なぜマスコミは中国は国家情報法で“中国籍・中国企業は当局命令に従いスパイする”ことを話さない?

    今、遮断されても既に中国がマークする人のLINE情報は抜かれたと思うべき」
    有本香「これを安保問題と捉えない議員はどうかしてる」

    いつもそう。
    マスコミや野党は日本の危機を問題視しない

     

  4. 有本香「蓮舫自分が目立ちたいだけの人で思想などは全くないと思う。

    そもそも多重国籍疑惑は晴らされてないし、一番身近な子供からも

    『コロナで大変な時に揚げ足取りしかやってない。

    母親を見てもこれでいいのかと思う』と批判されてる。

    日本にとって大事なことを何一つ提言してない」

    完全同意

     

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事