真正保守特報!韓国国会で与党議員が鉄鋼最大手ポスコの崔正友会長を叱責
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

韓国国会で与党議員が鉄鋼最大手ポスコの崔正友(チェ・ジョンウ)会長を叱責 

「東京で神社参拝に行きましたね、このようにしてもかまわないということなのですか?」

⇒ポスコ会長「神社ではなく寺ですが… 増上寺」

韓国国会で与党議員が鉄鋼最大手ポスコの崔正友(チェ・ジョンウ)会長を叱責 「東京で神社参拝に行きましたね、このようにしてもかまわないということなのですか?」⇒ポスコ会長「神社ではなく寺ですが… 増上寺」

 

ポスコの崔正友(チェ・ジョンウ)会長が22日、ソウル汝矣島(ヨイド)国会で開かれた環境労働委員会産業災害関連の聴聞会で議員の質問に答えている。オ・ジョンテク記者(中央日報日本語版)

22日に韓国国会で開かれた環境労働委員会産業災害聴聞会では証人として出席した企業代表に対する与野党議員の叱責が殺到した。この過程では案件とは関係がない「神社参拝したかどうか」を尋ねる質問まで登場した。

与党「共に民主党」の盧雄來(ノ・ウンレ)議員はこの日の聴聞会で、鉄鋼最大手ポスコの崔正友(チェ・ジョンウ)会長の訪日写真を公開して「東京で神社参拝に行きましたね、このようにしてもかまわないということなのですか」と叱責した。

写真には、日本のある宗教施設で合掌している崔会長の後ろ姿が含まれている。

チェ会長は「神社ではない」と否定した。ところが盧議員は、続けて説明しようとする崔会長の言葉を遮りながら「行ったことは認めるか」と再度尋ねた。これに対して崔会長は「2018年10月に世界鉄鋼協会総会中、休憩時間に韓国観光客が多く訪れる寺を訪問した」と答えた。続いて「(写真の)上段を見れば『寺』という字がある」とし「神社ではなくて寺」と強調した。

崔会長の言葉のように、盧議員が公開した写真の右側上段には「寺」という漢字が見える。また、聴聞会以降にポスコ側が公開した原本写真には崔会長の前に置かれた祭壇に「南無阿弥陀仏」と書かれた紙が貼ってあるところも鮮明に見える。

当時、崔会長が訪問した寺は東京タワー付近の増上寺で、1393年に創建された古刹だ。

 

管理人
ネットの反応
名無し
韓国にも仏教あっからこれは流石にみっともねぇなw
名無し
>>鉄鋼最大手ポスコ
 
新日鉄から営業秘密を盗んだ会社。
名無し
さて韓国国民はこの質問をした議員を無学と嘲笑するか
会長を親日派だと断罪するかどっちだ?
名無し
こんなことを国会で議論する異常さ
名無し
韓国では浄土宗は神道wwww
名無し
孔子廟行っても責めそうw
名無し
漢字読めないからなw
名無し
本当に読めないんだね
名無し
まぁ靖国神社に位牌とかいう人達だしねぇw
名無し
自分が何を批難してるのかも解らないとか最悪だな
検索すれば解るのにそれすらもしない議員レベル
名無し
そもそも何で日本の神社に行っては行けないのだ?
名無し
在日コリアンも元旦初詣すると国会で叱責されるのかな?
名無し
仏教否定すんならとっとと対馬の仏像返せよオラ
名無し
こんなことで国会で聞かれるのかw
名無し
日本に行くのを禁止すれば難しいこと考えなくていいぞ

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0fa756e1.159758ec.0fa756e3.85f6a84f";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="600x200";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1559992253768";https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします

政治ランキング

にほんブログ村

Copyright © 2021 アノニマス ポスト All Rights Reserved.

Source: アノニマス ポスト

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事