真正保守特報!2月22日は「竹島の日」: 愛国女性のつどい花時計
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

真正保守特報!2月22日は「竹島の日」: 愛国女性のつどい花時計

   ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ          

 2020年に発表された韓国の「国防白書」を読むと、韓国の「仮想敵」は北朝鮮ではなく日本だという事を韓国が隠さなくなっていることが分かります。何しろ大統領が北朝鮮の工作員ではないか、と疑われるような文在寅ですから、仕方がないと言えばその通りなのですが、この変化は非常に重要です。

 2020年「国防白書」では、中国との関係について「2008年から両国関係を戦略的協力パートナー関係に格上げした」と書いてあります。2008年は北京オリンピックが開催された年です。北朝鮮との関係については、2018年に引き続いて「主敵」という表現を削除し、「北朝鮮の大量破壊兵器は韓半島の平和と安定に対する脅威」という、抑えた表現になっています。

 一方、日本についてどう書かれているかというと「・・・201812月、救助活動中だった韓国艦艇に対する日本の哨戒機の驚異的な近接飛行、そして当時の状況について事実を糊塗する一方的なマスコミ発表によって両国関係は難航しており・・・」という、相変わらずの悪意に満ちた嘘が書かれています。「国防白書」は役所が出す文書であるにもかかわらず、喧嘩腰の無礼な書きぶりです。日本の防衛省はこんな嘘を書かれて黙っていてはいけません。即座に抗議するべきです。

 2020年末、韓国国防部(日本でいえば防衛省)が独島(竹島の事を韓国では独島と呼ぶ)を舞台に、自衛隊との仮想戦闘シナリオを作成し、国会で非公開報告を行っていた、という驚くべきニュースを216日、JB PRESSが報じました。「自衛隊との仮想戦闘」とは穏やかではありません。しかし韓国は以前から、竹島で軍事訓練を行っています。自分たちが占領している島なのに、いつ自衛隊が奪還しに来るか分からない、という妄想(?)からどうも逃れられないようです。もし竹島が歴史的に間違いなく韓国の領土なら、実効支配できているのですから安心しているはずなのに、おかしいですよね? 竹島が間違いなく日本の領土であるということは、韓国の狼狽ぶりを見れば明らかです。今は憲法の制約上、自衛隊を派遣することはできませんが、いつかは日本が奪還しに来る、ということを韓国は分かっているのです。

 さて、明日222日は「竹島の日」です。なぜ222日か知っていますか? 明治38年(1905年)222日に当時の島根県知事、松永武吉が竹島が島根県に所属することを明らかにする告示を行なったからです。100年後の2005年(平成17年)、告示100周年を記念して島根県議会が「竹島の日を定める条例」を制定して222日が「竹島の日」になりました。日本政府が島を島根県に編入して「竹島」と命名したのは明治38128日です。竹島は人の住まない岩礁で、それまで名前もありませんでした。しかし日本人が島に行くようになったのは江戸時代の初めです。

 日本の漁民が竹島を利用していたのは、竹島よりも朝鮮半島寄りの鬱陵島に渡るためでした。竹島は鬱陵島への経由地だったのです。鬱陵島は竹島よりも大きく、イカ釣り漁民が頻繁に渡っていました。ところが1693年、安龍福という朝鮮人が鬱陵島にやって来て日本漁民の漁を邪魔しました。朝鮮政府は安龍福を捕え、処罰しました。そして幕府に謝罪しましたが幕府は朝鮮との関係を考慮して1696年、鬱陵島に日本人が渡航することを禁止しました。

 竹島周辺の海は肉厚で良質なアワビが採れ、島にはアシカが生息していました。アシカの肉は塩漬けにすれば貯蔵が効きます。皮下脂肪は油になるし、皮は帽子のひさしや防寒服になります。無駄にするところはないぐらい、利用価値がありました。ところが乱獲によって、最初は200頭ぐらいいたアシカが激減しました。そのことを心配した漁民、中井善三郎が明治37年(1904年)、明治政府に「アシカを保護して欲しい」と要望したのです。きっと優しい人だったのでしょうね。

 韓国の教科書には「日本は日露戦争中、強制的に独島を日本の領土にした」と書かれてあります。しかし日露戦争と竹島の領有とは何の関係もありません。それに明治38128日の時点では、大韓帝国はまだ独立国です。第二次日韓協約によって日本が大韓帝国の領有権を持つようになったのは19051117日です。もし日本政府の決定に異議があれば、何らかの抗議はできたはずです。それをしていないということは、日本政府の決定を認めたという事です。

 日本政府は「竹島の日」の式典を政府主催で行い、竹島が日本領土であることを示すべきです

 

   ブログランキングを始めました!クリックしてもらえると嬉しいです。

人気ブログランキングへ         



Source: 愛国女性のつどい花時計

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事