真正保守特報!日本政府による経済的テロ行為:三橋貴明
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

真正保守特報!日本政府による経済的テロ行為:三橋貴明

 

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「PB黒字化目標は民間赤字化目標 でしょ?!(前半)」三橋貴明 AJER2020.2.9 令和の政策ピボット呼びかけ人に「俳優 伊原剛志様」が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を!

国民を守る共同体を立て直す 「めぐみへの誓い」本日、公開!

[三橋TV第354回] 三橋貴明・松村讓裕・高家望愛

https://youtu.be/UVhn3ONoDXU

 

【三橋TV緊急特番】菅総理よ 飲食店の生の声を聞け!

(新橋やきとんユカちゃん店主ご出演)

 

https://youtu.be/T3LVfwX8zuE

 

【Front Japan 桜】デービッド・アトキンソン氏からの反論の嘘を暴く / コロナ時代の「孤独」対策[桜R3/2/19]

 

https://youtu.be/DCjl3O4f3QQ

 

【ch桜・別館】はじめての4DX体験[R3/2/19]

 

https://youtu.be/qZESaeYgen0 

昨夜はsayaさんの歌に酔いしれて頂けましたか? 本日は三橋経済塾第十期第二回講義開催日です。ゲスト講師は、林千勝先生。 さて、西村康稔経済再生担当大臣が、財政出動の必要性について言及しました。

『GDPギャップ20兆円程度、財政出動が必要=西村再生相 西村康稔経済再生相は19日の記者会見で2020年10─12月期の国内総生産(GDP)1次速報公表を受け、日本経済の潜在的な成長力に対する需要不足を示すGDPギャップについて、「ざっくり言って20兆円程度」との見解を示した。 

そのうえで「二度とデフレに戻さない決意のもとしっかり財政出動が必要」と指摘、「GDPギャップを埋めてデフレに戻さず、成長軌道に乗せたい」と強調した。(後略)』

 ご存じの通り、内閣府のGDPギャップ(需給ギャップ)は平均概念の潜在GDPを使っているため、デフレギャップ(総需要の不足)が小さく見えます。(毎度毎度突っ込みますが、そもそもインフレギャップが計算できる時点で変でしょう。生産されていない財やサービスが買われたことになってしまう・・・)

【日本の需給ギャップの推移(対GDP比%)】

http://mtdata.jp/data_73.html#GAP 

 

図の通り、昨年4-6月期に対GDP比10.5%(これでも少なめに見てる)に拡大した日本のデフレギャップは、7-9月期に対GDP比6.2%に縮小。 6.2%に「縮小」と書きましたが、それでもリーマンショックの最悪期並なのでございますが。  

西村大臣は10-12月期について、内閣府から「対GDP比続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事