真正保守特報!菅義偉と野田佳彦 おぞましき緊縮政治家たち:三橋貴明
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

 

真正保守特報!菅義偉と野田佳彦 おぞましき緊縮政治家たち:三橋貴明

 

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER更新しました。「PB黒字化目標は民間赤字化目標 でしょ?!(前半)」三橋貴明 AJER2020.2.9 令和の政策ピボット呼びかけ人に「俳優 伊原剛志様」が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を!

棄民国家「日本」 菅総理、あんた、本当に人間か?

[三橋TV第352回] 三橋貴明・高家望愛

https://youtu.be/JVwCEk0Ji0U  

緊縮派の政治家がおぞましいのは、「国民に厳しいこと言っている、俺、カッケーッ!」 と、自己陶酔に浸り、さらに有権者に対しては、「将来世代のために、お前たちを苦しめるけど、いいよね。まさか、お前たち、自分のために将来世代を苦しめて構わないとか言わないよね」 と、自己犠牲を強いてくるところです。 

現実には、主権通貨国の日本は将来世代にも、現在の世代にも一切の(貨幣的な)犠牲を求める必要はありません。単に、政府が貨幣発行(国債発行+財政出動)をすれば済む話です。

『菅義偉氏、野田佳彦氏の指摘に「私自身も大事だと思っている」 財政健全化で「かみ合った」新旧首相 かみ合わない論戦が目立つ国会の論戦で、珍しく質問者と答弁者の歩調がそろう場面があった。2021年2月15日の衆院予算委員会で行われた、菅義偉首相と立憲民主党の野田佳彦元首相とのやり取りだ。 

首相が首相公邸に住むべきかに関する議論では両者の意見が鋭く対立したものの、財政規律をめぐる議論では大筋で方向性は一致。財政再建論者として知られる野田氏の「財政も緊急事態」という認識を共有すべきだという訴えに、菅氏は「ご指摘をしっかり受け止める」などと応じた。(中略) 

その上で、国民に「緊急事態宣言」にともなう協力を求めていることと合わせて、財政も「緊急事態」だと訴えた。「財政出動はやむを得ないが、財政も緊急事態であるということは強く認識した上で、このことは国民の皆様にもご説明することは必要ではないか」 菅氏は現時点での新型コロナに対応するための財政運営について「ご理解いただけると思う」とする一方で、財政健全化の重要性にも言及した。』 どうしようもない、おぞましき連中です。

間違った政策で、議論がかみ合ってどうする。 とはいえ、現実には野田、菅のような緊縮派政治家が多数派です。彼らが「改心」する可能性は限りなく低いので、「事実」をもって批判し、「国民」の考え方を変えていくしかありません。【日本政府の長期債務残高とインフレ率・長期金利】

http://mtdata.jp/data_73.html

続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事