真正保守特報!ポンペオ国務長官、台湾の外交・軍事当局者との接触制限解除を発表。マスコミ「中国の反発は必至」
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

真正保守特報!

ポンペオ国務長官、台湾の外交・軍事当局者との接触制限解除を発表。マスコミ「中国の反発は必至」

【米台関係の制限解除】ポンペオ国務長官「米国政府は北京の共産党政権をなだめるために、外交官や軍人、その他の役人の台湾人との交流を規制。複雑な内部制限を設けてきた。これらの自主的な制限をすべて解除する」

台湾は活気ある民主主義国家であり、米国の信頼できるパートナーであるが、数十年前から国務省は、外交官や軍人、その他の役人の台湾人との交流を規制するために、複雑な内部制限を設けてきた。米国政府は北京の共産党政権をなだめるために一方的にこのような行動をとった。これ以上のことはありません

本日、私はこれらの自主的な制限をすべて解除することを発表します。 行政機関は、国務長官に委任された権限の下で国務省が発行した台湾との関係に関するすべての「接触ガイドライン」を無効とみなすべきである。

また、「外務マニュアル」や「外務ハンドブック」の中で、台湾のアメリカンインスティテュート(AIT)以外の機関を通じた台湾との行政機関の関わりを規制する権限を伝える、あるいはそうでない場合は、すべてのセクションも、ここに無効とする。行政府の台湾との関係は、台湾関係法に規定されているように、非営利団体である AIT が担当することになっている。

米国政府は世界中の非公式パートナーと関係を維持しており、台湾も例外ではない。私たちの二つの民主主義国家は、個人の自由、法の支配、人間の尊厳の尊重という共通の価値観を共有しています。本日の声明では、米台関係は、恒久的な官僚機構の勝手な制約に縛られる必要はないし、縛られるべきではないことを認識している。

https://www.state.gov/lifting-self-imposed-restrictions-on-the-u-s-taiwan-relationship/

 

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事