真正保守特報!「飲食業のバリューチェーンを救え!」:三橋貴明
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

真正保守特報!「飲食業のバリューチェーンを救え!」:三橋貴明

 

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。

チャンネルAJER更新しました。

経世済民学_年末特別対談『三橋貴明&安藤裕「日本経済この一年」Part1』

経世済民学_年末特別対談『三橋貴明&安藤裕「日本経済この一年」Part2

令和の政策ピボット呼びかけ人に「公認会計士・税理士 森井じゅん様」が加わって下さいました。

また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を!

このままでは財政の崖に突っ込む!? 抽象的財政破綻論を打破せよ!

[三橋TV第336回]

 コロナ禍の始まりから、そろそろ一年になりますが、改めて財務省という役所は、国民を救うためであったとしても、

1.上限が不明確な予算は組まない

2.期限が不明確な予算は組まない 

 

を徹底するんだなあ・・・・、と、つくづく理解できました。 

定額給付金、国民一人当たり10万円は、まだしも理解できるのです。

国民に「差」をつけないという意味で。  

とはいえ、持続化給付金、あるいは緊急事態宣言に際した飲食店への協力金まで、一律同じ金額というのは意味不明です。 

何しろ、従業員100人の会社も、3人の会社も、持続化給付金はいずれも200万円。 

店員が30人の店舗も、2人の店舗も、協力金は一日6万円と変わらず。  

「国民」に差をつけないのは当たり前ですが、逆に事業規模が極端に異なる法人・事業者までをも一律に扱うのは、どう考えても変です。 

普通に考えて、「損失の何パーセント」 と、損害規模に応じた補償や、

「一日の売上(あるいは粗利)平均に応じた協力金」 にするべきです。

とはいえ、その場合は事前に予算上限が分からないため、財務省的にはNG。  

また、持続化給付金にしても、特別定額給付金にしても、一回限り。 

さすがに、協力金は緊急事態宣言が解除されない限り続くでしょうが、

額的には小規模で、かつ所管が財務省ではなく自治体(元々は地方交付税交付金ですが)。  

というわけで、財務省は「いかなる事態」であろうとも、上限や期限が不明確な予算を出そうとはしない。  

さらには、給付金の初期のゴタゴタからも分かる通り、給付対象を徹底的に絞り込もうとしてくる。

【三橋貴明の音声歴史コンテンツ 経世史論】

特別コンテンツ「ベルばらに魅せられて」公開中!

 

http://keiseiron-kenkyujo.jp/keiseishir

続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事