真🌸保守速報!【大統領選】ラトクリフレポート、議会に提出される
このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

ラトクリフ国家情報長官から米上院情報委員会

「外国の選挙干渉に関する機密文書」が提出された

ラトクリフ国家情報長官のレポートが上院に提出される

「エスタブリッシュメントがパニックになっているのは、これかな?外国の干渉に関するDNIレポートが議会に提出されたので…今日」

誤解をおそれず大胆に要約すると、
・政局に影響を与えたくたくないため、中国の影響をあえて軽視ししたい分析官たち(DS側)VS中国の影響を入れたいラトクリフとのせめぎ合い。・ラトクリフはそれでもキューバ危機を例にだし、中国の影響を考えるべきとの提言
・政局への影響を考えて6日を過ぎてから提出した

インテリジェンスアナリストは、トランプの政策を支持することを避けるために中国の選挙の影響力を軽視した、と検査官は発見した

分析オンブズマンで長年の諜報員であるバリー・ズラウフ氏は、ワシントン・エグザミナーが入手した14ページの報告書を木曜日に上院情報委員会に発行し、彼の調査は「選挙の脅威問題に関するICの苦情に応えて行われた」ことを明らかにした。

彼は「二極化した雰囲気が私たちの共和国の基盤を弱体化させる恐れがあり、諜報コミュニティにさえ浸透している」と嘆いた。

2020年の選挙における外国の影響に関する諜報機関の分類された評価は、12月に予想されたように、上級諜報当局が中国の役割について衝突したため、評価は延期され、国家情報長官として、ジョン・ラトクリフは最終分析により多くの視点を含めるよう努めました。

「ロシアと中国のアナリストがターゲットを調査する方法に分析上の違いがあることを考えると、中国のアナリストは中国の行動を過度の影響または干渉として評価することをためらっているように見えました。

中国に関する分析を前倒しすることに消極的なアナリスト

アナリストは、中国に関する分析を前倒しすることに消極的であるように見えた。なぜなら、彼らは政府の政策に反対する傾向があり、事実上、私たちの情報がそれらの政策をサポートするために使用されることを望まないからだ」とズラウフは結論付けた。

オンブズマンは、ラトクリフによって受け入れられたと述べた多くの推奨事項を共有しました。これには、「ODNIから従業員全体への直接的なリーダーシップコミュニケーションを通じて、また機関長からすべてのIC機関への、分析の完全性を保護することの重要性と新たな分析の客観性へのコミットメントと、政策と実践の両方における政治化の回避。」

テキサス出身の元共和党議員であるラトクリフは木曜日に、ワシントン・エグザミナーが入手した3ページの未分類の手紙に署名し、「米国政府の最も機密性の高い情報をすべて消費する個人としての私のユニークな視点から」と主張した。

ラトクリフ 「中国がアメリカに与える影響に正確に反映しているとは思わない」

中華人民共和国については、インテリジェンスコミュニティのアナリストが表明した大多数の見解が、2020年の米国連邦選挙に影響を与える中国政府の取り組みの範囲を完全かつ正確に反映しているとは思わない」とラトクリフ氏は付け加えた。

中国の選挙影響報告の政治化と、諜報に基づいて別の見解を提示したアナリストに過度の圧力がかかっていることについての暴露。

ある諜報機関の高官はワシントン・エグザミナーに次のように語った。 CIAの経営陣は、中国の諜報機関を政治化していました。」

これは、2016年の選挙でのロシアの干渉に関する評価から4年後のことであり、まだ一部の人が異議を唱えています。

大規模なハッキングが行われた可能性が高い

議論の背景には、米国の議員に対する中国の影響についての懸念が高まっており、SolarWindsの大規模なハッキングが行われた可能性が高いと評価されています。

2020年の評価を作成するプロセスに精通している情報筋は、内部の議論に加えて、議会への評価の提出が遅れた理由の1つは、レポートが悪用されないようにするために水曜日を過ぎたいという願望であるとワシントン・エグザミナーに語った。

議会によって数えられた選挙人団の投票をめぐる討論中の政治的理由。情報筋は、下院諜報委員会委員長のアダム・シフのような率直なトランプ批評家などの政治家がレポートを悪用する可能性があることについての懸念を引用しましたが、トランプ同盟の弁護士シドニー・パウエルやリン・ウッドなどの陰謀理論家がそれは彼が認めることを拒否したので彼がつかまえるためにトランプに彼らの道を作るでしょう。

ロシアの選挙活動の明確な証拠がある

オンブズマンの報告書は次のように付け加えています。「ロシアのアナリストは、ロシアの選挙影響活動の明確で信頼できる証拠があると評価しました。彼らは、ICの管理が遅くなっている、または分析を顧客に伝えたくないと述べ、それが十分に受け入れられていないと主張し、彼らを苛立たせた。アナリストは、これをインテリジェンスの抑制と見なし、上からのインテリジェンスの政治化に隣接していました。」

ズラウフ氏は、「国内の影響力キャンペーンに対する敵対的な国家主体のリーダーシップの意図に対するさまざまな収集と洞察のために、「影響力」と「干渉」という用語の定義的使用と関連する信頼水準は、中国とロシアの分析コミュニティによって異なって適用されます。 」

彼は、ロシアのアナリストは正式な定義文書に頼ることができるが、「中国に対応する文書はない」ため、「用語は分析コミュニティ全体で一貫して適用されていなかった」と指摘した。

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事