平成29年12月12日宇宙開発戦略本部

  • 写真:発言する安倍総理1
1/2

平成29年12月12日、安倍総理は、総理大臣官邸で第16回宇宙開発戦略本部を開催しました。

会議では、宇宙基本計画工程表(平成29年度改訂)について議論が行われました。

総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日、宇宙基本計画の工程表を改訂しました。新たな工程を踏まえ、特に以下3点に重点的に取り組んでください。
昨今、我が国を取り巻く安全保障環境が厳しさを増す中、宇宙安全保障の確保が極めて重要となっています。この認識の下、防衛省のみならず、JAXA(宇宙航空研究開発機構)を始めとする関係機関は、安全保障分野も含めた中長期的な取組を進めてください。
Society 5.0社会を実現する上でも宇宙利用は大きな可能性を秘めています。準天頂衛星を用いた自動運転、農機・建機の自動化による生産性の革新的な向上、衛星データを活用した新たなビジネスの創出など、一層積極的な宇宙利用を促す環境整備を進めてください。
近年、月周辺の宇宙空間の開発など、人類の活動領域が大きく広がりつつあります。こうした動きを踏まえ、米国などの関係国との協力を強化し国際宇宙探査の議論を加速してください。
政府一体となって宇宙政策を戦略的に進めていくため、松山大臣を中心に関係閣僚はしっかりと連携して取り組んでください。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

 

Source: 首相官邸

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事