東日本大震災九周年に当たっての安倍内閣総理大臣の談話「国民の皆様へ」

令和2年3月6日(金)午前

 

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。一般案件等23件、法律案、政令、人事が決定されました。大臣発言として、私(官房長官)から「東日本大震災九周年追悼式の取りやめについて」申し上げ、総務大臣から「家計調査結果について」、御発言がありました。

東日本大震災九周年追悼式について

 本日の閣議において、東日本大震災九周年追悼式の取りやめを決定をいたしました。同追悼式は、被災地の追悼式でも中継されるなど重要な位置づけとなっておるために、規模の縮小など、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する措置を講じた上で、実施できる方策はないか、ぎりぎりまで模索を続けてきました。しかしながら、現下の状況を踏まえ、今が国内の感染拡大を防止するためにあらゆる手段を尽くすべき時期であることから、誠に遺憾でありますけども、本日の閣議で同追悼式の開催を断念するのやむなきに至りましたので、その旨、御報告を申し上げます。
 閣議決定等に合わせて、お配りしているとおり、総理から「国民の皆様へ」と題する談話が出されております。なお、総理大臣官邸においては、当日、犠牲となられた方々の御霊に対して黙とうを捧げるとともに、総理から追悼の言葉を申し述べることにしております。

農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議について

 本日、「農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議」の第6回会合を開きました。政権発足前には年間約4,500億円であった輸出額は、昨年実績でも倍増し7年連続で過去最高を更新しており、まだまだ大きく伸ばすことができると考えています。本日は、新たな輸出目標として「2025年に2兆円」「2030年に5兆円」をお示ししました。私(官房長官)からは、昨年秋に成立した輸出促進法に基づき来月から農水省に新設される「輸出本部」の下に、新たな目標に向かって、これまで以上に各省庁が力を合わせて取り組んでいただくようお願いをいたしました。

関連リンク

これまでの内閣官房

Source: 首相官邸ホームページ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事