真正保守速報
総理、ピコーンッとひらめきました!(後編)Source: 三橋貴明氏ブログ

三橋経済塾第九期の入塾申し込み受付を開始しました。

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER『なぜ、安倍政権は平気で嘘がつけるのか(前半)』三橋貴明 AJER2020.3.3 令和の政策ピボット呼びかけ人に、高橋あさみ様(私立Z学園高等学校 1年4組 16歳)が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を!

三橋TV第205回【戦慄!名目GDPまでもがマイナス成長に!】

https://youtu.be/iWogMyibovE  

昨日の疑問、フリーランスや個人事業主等への補償をどうするのか。 『臨時休校・休業補償 菅氏「フリーランス、個人事業主は融資で」 働き方で保護者に格差 菅義偉官房長官は3日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校対策の一環として導入する保護者への休業補償について、雇用関係がないフリーランスや個人事業主は「対象とならない」と述べた。希望者は政府系金融機関などから有利な条件で融資を受けられることとする。ただ、休業補償と違って返済の義務があり、「働き方」によって保護者間で格差が生じる形だ。 (後略)』  

また、貸付。政府の非科学的な全国一律休校の結果、所得を稼ぐ術を失ったフリーランス、個人事業主たちに、補償が出るかと思えば、「カネ、借りろ」 スゲー国家・・・・。 ちなみに、経産省はフリーランスを礼賛していたよね。

「多様で柔軟な働き方」とか言って。 『旅行予約が大幅減 新型ウイルスの影響 4月は前年比50%減 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今月の国内旅行の予約が前の年の3分の2程度、来月は約半分に減るなど、旅行や宿泊が大きく落ち込むことが旅行会社や宿泊施設などの業界団体の調査で分かりました。大手の旅行会社でつくる日本旅行業協会が、主要7社の個人旅行の予約状況を調べたところ、国内旅行の予約は、3月は前年と比べて34%、4月は50%、5月は30%減少していました。(後略)』  19年10月の消費税増税の影響に加えて、COVID-19。洒落にならん。 皆さん、できるだけ国内旅行に行きましょう。わたくしは行きます。

【日本人国内旅行消費額および前年比(億円)】

http://mtdata.jp/data_68.html#kankou  

図の通り、2014年、前回の消費税増税の年、観光業は対前年比で大幅に落ち込みました。今回は、消費税増税+COVID-19。しかも、インバウンド依存は14年時より高まっています。 愚かな政府には、怒りしかわいてきません。 国民民主党の玉木雄一郎代表が、安倍総理と対談し、新型インフルエンザ特措法のCOVID-19への適用、15兆円規模の緊急経済対策等を提案しました。 が、どこも報道しておりません。 『玉木雄一郎@tamakiyuichiro安倍総理との党首会談では、感染拡大防止に全面的に協力すると伝えた上で、主に3点を提案しました。①特措法は改正せずとも今のまま適用できる②15兆円規模の緊急経済対策が必要(特に消費税減税を含む10兆円規模の家計減税が重要)③与野党政府合同会議を設置し国を上げて取り組む体制を構築すべき』  さらに、興味深い動きが。

『中島岳志「安倍内閣ではコロナ危機を収束できない。今は『石破内閣』しかない」(前略)こうした状況を受けて、私の消費税に対する見方も変わりました。私はこれまで社会保障のためには消費増税が絶対に必要だと主張してきましたが、逆進性の高い消費税に社会保障を委ねることが本当に正しいのだろうかと考えるに至りました。(中略) 日本経済全体の好循環を望むなら、低所得者の所得を上げることを集中的に考えねばならないと思っています。(後略)』  驚きました。あの石破茂元幹事長が消費税を否定的に語る続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事