真正保守速報

<国際政治学者の講演録>
ついに解禁: 47年非公開にされた元米国大統領の告発 史上最大の戦争を仕掛けた真犯人は誰か?

1946年(昭和21年)5月3日、東京。  元アメリカ大統領ハーバート・フーヴァーと連合国軍最高司令官マッカーサーは「太平洋戦争とはいったい何だったのか」を3日間にも渡って話し合った。そのとき、日本人なら誰も思いもしないようなことをフーヴァーは口にした…

「太平洋戦争は、日本が始めた戦争じゃない。あのアメリカの『狂人・ルーズベルト』が、日米戦争を起こさせた。気が狂っていると言っても精神異常なんかじゃない、ほんとうに戦争をやりたくてしょうがなかった…その欲望の結果が日米戦争になったんだ」その言葉を聞いて、マッカーサーははっきりと同意した…

私たち日本人は、小さい頃から 「日本が真珠湾を宣戦布告もなしに攻めて戦争を起こした」「日本は残虐な悪い国だ」ということを新聞でも、テレビでも繰り返し教わってきました。しかし今から数年前、我々が耳にしてきた太平洋戦争の常識とは真逆とも言える証言が、47年公開を禁じられたフーヴァー元大統領の回顧録から次々と浮かび上がりました・・
***********

アメリカではこの証言をもとに、 歴史の見方が、世界の見方が、 少しずつ変わり始めているようです。しかし、日本人にとってこんなに重要な内容なのに、日本の大手メディアは全く取り上げてくれません。日本人が知らない太平洋戦争の本当の筋書きとはどのようなものだったのか?その真実を日本に広めたい思いから今なら通常¥1,980のところ・・ 特別価格¥550で本をお届けします。

詳しくはこちらから、 ご確認ください。


Source: 保守速報

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事