真正保守速報
新型肺炎までをも緊縮に利用する人間の屑たち: 三橋貴明氏ブログ

新型肺炎までをも緊縮に利用する人間の屑たち

 

三橋経済塾第九期の入塾申し込み受付を開始しました。

https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER『内閣府の狂気のシミュレーション(前半)』三橋貴明 AJER2020.2.4 令和の政策ピボット呼びかけ人に、高橋あさみ様(私立Z学園高等学校 1年4組 16歳)が加わって下さいました。また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を!

三橋TV第195回

【「法人税減税しなければ企業が逃げる」に騙されるな!】

https://youtu.be/1mZ9u39oxxs  

本日は、チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演します。

http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1651  

本ブログや、三橋TV第190回【狂気のシミュレーション「そんな無茶な!」で続く】三橋TV第191回【「国民の皆さん○○して消費拡大して」って嘘でしょ?】 で解説した通り、1月17日に公開された【内閣府「中長期の経済財政に関する試算」】で明らかにされた通り、財務省はPB黒字化という「有害目標」のために、1.海外収支の赤字(日本の経常収支の黒字)が、4%弱という「異常」に高水準で推移する2.海外収支の赤字を膨らませていくことが非現実的であるため、政府収支の黒字化(PB黒字化)のため、民間収支の黒字を減らす3.実際、民間収支は2019年の対GDP比6.6%から、2029年には2.3%に減る想定4.民間収支は「民間家計収支+民間企業収支」。企業優先の日本政府は、黒字減少(or 赤字化)の負担を家計に押し付ける5.今後、消費税増税や控除廃止、新税導入、社会保障負担引き上げなどの「増税」と、社会保障支出削減という緊縮財政が続く を想定しています。 

さらに、政府が緊縮財政を継続し、デフレ化政策を打つ中において、GDPデフレータ(インフレ率)1.5%、名目GDP3.5%成長の達成が「家計」に求められるため、「家計が預金を取り崩すか、借金を増やし(資金過不足をマイナスにする)、消費を拡大する」 という、奇想天外な結論が導かれてしまいますが、その前に、まずは「消費税増税」です(7月1日のポイント還元終了とは別の消費税増税です)。 

まさか、財務官僚共がIMFを使うのはともかく(これはいつも)、新型コロナウイルスと絡めて消費税増税の世論醸成を始めるとは思いませんでした。

【歴史音声コンテンツ 経世史論】

 

http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/

 

※「歴史に魅せられて、myと辿る邪馬台国への道(前編)」が視聴可能となりました。 『新型肺炎、日本経済のリスク 消費税15%への上げ提言―IMF 国際通貨基金(IMF)は10日公表した日本経済に関する年次審査報告書に関し、新型コロナウイルスによる肺炎感染の拡大は「新たな景気へのリスク」と警戒感を示した。高齢化による社会保障費増大で財政悪化が深刻になると懸念。続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事