真🌸保守速報!「寒波至る」Source: 三橋貴明氏ブログ

三橋経済塾第九期の入塾申し込み受付を開始しました。

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。

チャンネルAJER『内閣府の狂気のシミュレーション(前半)』三橋貴明 AJER2020.2.4 令和の政策ピボット呼びかけ人に、高橋あさみ様(私立Z学園高等学校 1年4組 16歳)が加わって下さいました。

また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 三橋TV第193回

【国家が無条件で国民を助けなければならない理由】

三橋経済塾第九期第二回(会場:京都、ゲスト講師:藤井聡先生)の回のお申込み受付を開始いたしました。

【令和2年2月15日(土) 三橋経済塾第九期 第2回講義】

https://ws.formzu.net/fgen/S16674399/

非塾生の方もお申込み可能となっております。  本日から寒波が日本列島に到来するようですが、わたくしはソロキャンに行って参ります。(今日を逃すと、行ける日がない) さて、寒波と言えば、日本経済にも「大寒波」が訪れています。 

無論、昨年10月の消費税増税が主因ではあるのですが、上場企業の利益激減を見る限り、実際には2019年「通年」が悪かったと判断するべきです。 『上場企業決算、7%減益 4~12月、米中摩擦や増税 上場企業の2019年4~12月期の純利益合計が前年同期比7.0%減となったことが4日、分かった。

米中貿易摩擦の長期化や昨年10月の消費税増税が響き、4~12月期として2年連続の減益。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で世界的な景気減速が懸念されており、20年3月期の通期は一段の業績悪化が必至の情勢だ。(後略)』  

景気動向指数(CI)を見る限り、我が国の景気は2018年春頃に「山」を打ち、その後は「緩やかな後退」をしていたところに、消費税増税が追い打ちをかけたようです。 つまりは、2019年は初めから「景気後退期」だったのです。

【日本の景気動向指数CI(2015年=100)の推移】

http://mtdata.jp/data_68.html#keiki  

なぜ、19年(厳密には18年)から、日本の景気は低迷していたのか。無論、14年の消費税増税の悪影響が消えていないためではありますが、より直接的な原因は「外需縮小」です。  この辺りの話を、藤井聡先生がまとめて下さいました。

【歴史音声コンテンツ 経世史論】

http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/

 

※「歴史に魅せられて、myと辿る邪馬台国への道(前編)」が視聴可能となりました。 『【藤井聡】このままでは、日本経済は確実に「令和恐慌」に突入する。 驚くべきことに全くメディア上で報道されてはいませんが、10%消費増税による悪影響が様々な政府統計により示されてきています。

そしてこの度、昨年の10月~12月の消費税直後の第四四半期について公表された経済産業省の商業動態調査から、そのダメージが決定的に深刻なものであることが明らかとなりました。 

こちらのグラフは、消費増税によってどれだけ激しく「小売り販売総額」が下落したかを示しています。

続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
【G20大阪】 安倍首相 「日程詰まっている」  韓国政府 「我々もG20サミット期間中、会談をしたいという国が多い」
ヤフーニュース
【G20大阪】 安倍首相 「日程詰まっている」  韓国政府 「我々もG20サミット期間中、会談をしたいという国が多い」
1: 荒波φ ★ 2019/06/24(月) 09:15:58.72 ID:CAP_USER ■開幕四日前も神経戦続く…首脳会談、事実上なし...
「横から殴られたような感じがした、これでは信頼関係を壊すということ」憲法審査会をサボり続けている特定野党、謎の理由でまたサボる
総合
「横から殴られたような感じがした、これでは信頼関係を壊すということ」憲法審査会をサボり続けている特定野党、謎の理由でまたサボる
1: 名無しさん@涙目です。(茸) 2019/04/18(木) 20:22:58.47 ID:VqIdh5+D0 「ワイルドな憲法審査を」 ...