本年8月31日及び9月1日、北海道知事の許可なく北海道紋別市の河川において鮭を採捕した紋別アイヌ協会の畠山敏容疑者に対しまして、インターネットの動画サイトである日本文化チャンネル桜において、本件の告発に関する言及をしたところ、495名の賛同者が集まり、この違法行為に対する厳正な対処と処罰に対する感情は極めて強いことから、11月29日に北海道紋別警察署に対しまして、水産資源保護法及び刑法第95条(公務執行妨害)に該当する違反行為として告発を行うこととしました。  
当該事件は、アイヌ推進法を不当に利用した違法行為であり、当該事案を看過することにより北海道及び全国に与える社会的影響が大きく、アイヌか和人かにより法の適用に差ができかねないという、日本国憲法第14条の法の下の平等を侵す懸念があり、憲法上の問題があるものと考えます。
◇水島 総(北海道歴史伝統文化環境保全機構理事)
■12月3日14時~ 於:道政記者クラブ
◆チャンネル桜北海道公式HP

 

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事