「ドラマの結末について、批判もありましたが、それも1つの反響……それだけ皆さんがちゃんと見てくれていたと受け止めました。同時に私の中でも、『あれでは終われない。2人のその後を書いてみたい』と思ったんです」

そう語るのは脚本家の井上由美子さん(55)だ。「昼顔妻」と呼ばれる、平日の昼間に夫以外の男と恋に落ちる主婦をテーマにしたドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(’14年フジテレビ系)は、世の女性たちの心を釘づけに。また「昼顔」は、その年の流行語大賞にもノミネートされた。

ドラマの最終回で、上戸彩演じる紗和は、夫とも、恋人の北野(斎藤工)とも別れ、ひとりに。そして北野は妻の元へと戻っていった……。あれから3年。紗和と北野の“禁断の恋”の完結編となる映画『昼顔』(全国東宝系)が、6月10日に公開。脚本は、今回も井上さんの手によるもの。上戸もインタビューで「本当に井上由美子さんの本が好き」と、絶大の信頼を寄せている。

井上さんは、'10年『同窓会~ラブアゲイン症候群』(テレビ朝日系)でも、夫がいながら恋に落ちる女性を描き話題を呼んだ。“禁断の恋”を描く理由についてこう語る。

「昔は“昼メロ”という、恋に落ちてすべてを失う女性を描くドラマがありました。見ている人はドラマのなかで“疑似恋愛”を楽しんで、そして静かな日常に戻る……。しかしいま、そんな恋愛物語がないと思ったんです」

女性のさまざまな側面からの本音を描きたかった、と語る井上さん。執筆にあたり、主婦でありながら恋に落ちた経験のある女性たちの話も聞いた。

「実際、不倫をしている女性は、『不倫はあくまで不倫』と割り切るか、子どもを捨てそうなほどハマってしまうか、という2つに分かれています」

昨今さまざまな「不倫騒動」が報じられているように、禁断の恋は“夢物語”ではない。ドラマ終了から映画化までの3年間で、井上さんは女性たちの“変化”を感じていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
管理人の一言

 

 

 

主婦のオス化って、またすごいタイトルですね。

男が男らしくいきれない時代なんだとおもいますよ。

ねこの野生化といったイメージがわいてきました。

男性の草食化、メス化ということでしょうか?

テレビはほとんど見ないのですが、、どんどん、猟奇か、しているような、普通の

ドラマでは、視聴者が納得しないのでしょうか??

私が唯一見るドラマは、NHK大河です。

単純に歴史が好きというだけですが??

みなさんは、どうですか、好きなドラマおしえてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


名無しさん
5時間前
男性もメス化。
私でも倒せそうな人が結構いる。

名無しさん
6時間前
オス化=確かに

名無しさん
5時間前
男性でも女性でも不倫を正当化してはいけないと思います。

名無しさん
5時間前
息が詰まる世の中だもんな。低賃金、報われない長時間労働、赤子は電車に乗るな、ベビーカーは迷惑、PTAは強制、パートしないと家計が成り立たない、一億総活躍しましょう、なのに保育園はいっぱい、親の介護は嫁がしろ、そういう夫は不倫して遊んでる。
やっとられん。

名無しさん
5時間前
オス化ではない。
理性やモラルの低下では?

名無しさん
5時間前
>夫の不倫が原因で離婚するとき、訴訟に持ち込む女性も増えているとか。これも“オス化”の一面のように思えます
↑いや、これはオス化とかいう問題じゃないよ、むしろ不倫したんだしペナルティは与えないと

名無しさん
5時間前
普通に生きてるだけで時間足りなくてしょうがないのに
よく不倫なんてする時間あるよな

名無しさん
5時間前
男女とも、我慢せず感性の赴くまま奔放に生きる人が多くなった気がする。欧米化?

名無しさん
6時間前
>夫の不倫で離婚する時、訴訟に持ち込む今の女性は“オス化”している
この人が考えるオス・メスがちょっと分からない。「浮気は男の甲斐性」と笑って許すような古風な女性が理想なんでしょうね。

名無しさん
5時間前
物語を客観的に割り切れなくなった人が増えたのは事実だよなあ。
ドラマより更にフィクション性高いアニメですら些細な事でしょっちゅう炎上してる。
waimmaj
5時間前
いや、訴訟を起こさんかったらメスらしいのかよ?
泣き寝入りが女らしいってか?
なんか最後は違和感あるコメントやな

名無しさん
5時間前
女性は変わったのではなく、環境が変わったから本性を発揮できるようになったのです。
そもそも男が不倫している時点で相手の女性も不倫になるだろ。

名無しさん
5時間前
男のメス化じゃないの?

名無しさん
5時間前
映画館まで行って見たいとは思わない作品

名無しさん
5時間前
>あまりにも不倫に対して考えが軽すぎる!」
考えが軽いから不倫する訳でしょう・・・

名無しさん
5時間前
女にもヒマとカネができたから、じゃないの?生活に追われていたら不倫なんかできない。それは男だってそう。

名無しさん
5時間前
オス化というより、不倫されて泣き寝入りする女性が減ったのでは?

名無しさん
5時間前
なんというか・・・頭の悪い文章だなあ・・・としか

名無しさん
5時間前
「貞操観念」という言葉が、昭和レトロな今日この頃・・・
皆様いかがお過ごしでございましょうか。

名無しさん
5時間前
ドラマのヒロインみたいな
そういう自分、が好きなんでしょう
あほらし。
kkk*****
5時間前
不倫の末路をシビアに描く作品も手掛けるべきかな。

名無しさん
5時間前
自分の周りには、芸能人の不倫スキャンダルをこれでもかと叩くのに、不倫がテーマのドラマは大好きな人間が多い。
どこかで不倫に対する憧れや羨ましさがあるのではないかと思っている。

名無しさん
5時間前
家事、育児と仕事の両立。果ては同居に介護。現代の女性はむしろオス化しないとやってけないのではないか。

名無しさん
5時間前
非常にくだらない理論。
オスでもメスでもどっちでもいいけど、だらしないだけでしょ。

名無しさん
5時間前
不倫ドラマが人気なのは、そこに(実現できない)願望を見ているからだと思うなあ。

名無しさん
5時間前
オス化と言うよりオッサン化してる

名無しさん
5時間前
不倫をすることがどうして「オス化」なのかわからない。男性差別じゃないのかな。

名無しさん
5時間前
ドラマはあくまでドラマなのに「客観的に捉えられずに、感情的な反応を起こす人が増えてきている」って子供か?って思う。
「あなそれ」の波瑠へのバッシングとかバカとしか思えない。

名無しさん
5時間前
昔も今もさほど変わってないよ
ネットが発達したから目につくだけでしょ

名無しさん
6時間前
特に結婚して子供が産まれてからは、女性の負担が大きすぎて、妻であり母であり、働いている人は従業員数でもあり、子供が小学生にあがれば、PTAだ子供会だ、、、
これを1人の人間がこなすわけです。
“女”は後回しです。
どうしても、強くならざるを得ない。“オス化”してしまうのも仕方ないかもしれない。
“不倫”にどんな言い訳もないと思うけど、男女共にするなら最後に今持っているものをすべて捨て去る覚悟をもたないと。
本当は、全て失くした状態からはじめれば、誰にも何も言われなくて済むのだけれど。
tak*****
4時間前
オス化が進んでたら法律を破ってもいいのか?
猿化が進んでるの間違いじゃないか?

名無しさん
5時間前
昼顔に影響されて不倫した元友人は離婚が決まりました。

名無しさん
5時間前
男が女性の性欲の存在を無いものにしてる気がする。

名無しさん
5時間前
不倫以外にやることないんですかね
趣味とか





名無しさん
4時間前
何が不倫や。ただの股の緩いオッサンとオバサンやんか。

名無しさん
4時間前
不倫しようが自由ですが、それによって生じる問題等々は、全て自己責任です。

名無しさん
5時間前
オスへの偏見

名無しさん
5時間前
ここでも二極化が進んでる
極端なモラリストとアンチモラリスト

名無しさん
5時間前
ネットでのバッシングって近所の井戸端会議が見える化しただけだよな。

名無しさん
5時間前
ドラマだからおもしろい。
Luka23:34
4時間前
上戸彩オスカー

名無しさん
5時間前
昔は多くの人がドラマと現実を分けて考えられたが、今の多くの人はうまく分けて考えられない。

名無しさん
1時間前
女性のオス化ってことは、
不倫・浮気=男がするものということか

名無しさん
5時間前
不倫自慢する男増えたけど
正直知性を感じない。
昔はもっと人に知られちゃいけないことだったのに。
既婚者に口説かれたりすると殴りたくなる。
きもいんだよ。下等動物が。近寄るなw

名無しさん
5時間前
そりゃあ、素敵な男性が目の前に現れたら、テンション上がります!でもそこから、「不倫したい」とまではならないなあ。夫も(多分)誠実だし、子ども悲しむし…。

名無しさん
4時間前
創作の才能が無いB.C級映画は倫理観から逸脱する設定に頼ってしまう。
・不倫
・暴力
・犯罪など

名無しさん
3時間前
いやこの場合は女性がメス化したって感じなんだけど

名無しさん
6分前
感情的な反応というか、拒否反応に近い。

名無しさん
4時間前
物事を
下半身で考えると
ロクなことは
おこならい。

名無しさん
5時間前
モラルの低下




スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事