公共投資で国富と所得(預金)が増えるって知ってた?Source: 三橋貴明氏ブログ

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、

お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。

チャンネルAJER『日本の少子化をくい止めるにはーその1ー(前半)』三橋貴明 AJER2019.10.15

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

令和の政策ピボットの呼びかけ人に、経済評論家・株式会社クレディセゾン主任研究員の島倉原氏が加わって下さいました。

また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。

皆様、是非とも、メルマガ登録を!

三橋TV第152回【東京都民のための地方経済再生を!】

https://youtu.be/FDEKFE1VKZM  

昨日は三橋経済塾第八期第十回講義開催日でした。

上島先生、二次会までお付き合い頂きありがとうございます。 

インターネット受講の皆様は、しばらくお待ちくださいませ。

 メルマガ「週刊三橋貴明 ~新世紀のビッグブラザーへ~」の最新号「Vol543 インフラ投資と国富」で、

防災投資による「国富創出」と「我々の財産(預金)創出」についてバランスシートで説明したところ、かなり好評でした。 

本件に関連した記事がいくつかありましたので、ご紹介。

『台風を期に公共投資「所得倍増」を!

「伊勢湾台風」型の進路が示唆するもの(前略)

先ほども述べたように、伊勢湾台風が日本全国を襲ったのが1959年、このときの内閣総理大臣は岸信介でした。

現在の上皇・上皇后夫妻が結婚、

前回の東京オリンピックの開催が決まったのも同じ年のことです。 

また「60年安保」で政治が大荒れに荒れたのもこの頃のことで、

翌60年の6月15日には東京大学に在学していた女子学生、

樺美智子さんが亡くなり、岸政権は新安保条約批准ののち総辞職、

池田勇人内閣が成立します。 

直後の10月、日本社会党の浅沼稲次郎委員長が、

17歳の少年山口二矢に刺殺されるなど、

別の意味での嵐の季節でもあった。 

そんな中で誕生したのが、池田内閣の目玉政策となった「所得倍増計画」でした。(後略)』

『対策遅い「災害大国」 借金ばかり心配する財務省、国民の命を守るための公共投資増やせ(前略) 

財務省は口を開けば「赤字削減」を唱える。

だが、建設国債で河川対策費用を賄えば、借金が増えたとしても、同時に河川の価値も高まる。

国のバランスシートで見れば、資産と負債が両建てで増えるだけだ。負債から資産を引いた純債務は変わらない。

借金の大きさだけを問題にする財務省の理屈が、そもそも間違っているのである。 

別の言い方をすれば、いくら政府の借金が増えようと、

それで治水対策が進んで、国民が災害から免れるなら、

結構な話ではないか。

政府の仕事は「国民の命と暮らしを守る」ことだ。

それができないのに、借金を心配するのは本末転倒である。 

折から臨時国会が開かれている。政府は大型補正予算を組んで、無電柱化の推進はじめ、抜本的な災害対策を進めるべきだ。

米中対立の激化など世界経済の行方が不透明になるなか、

災害対策は景気対策にもなる。まさに一石二鳥ではないか。(後略)』

  台風15号、台風19号という連続的な災害襲来は、確かに日本国の「空気」を変えつつあります。 

以前は、堂々と「公共投資の拡大を」と主張していたのは、

我々くらいなものでした。

財政面の話はとりあえず置いておいて、とにもかくにも、

「政府は公共投資、防災投資で国民の生命や財産を守らなければならない」 という、

当たり前の話が理解され始めたのだと思います。 

記事において、

伊東乾氏は「公共投資と所得」、

長谷川幸洋氏は「公共投資と純資産」の話を書いていますが、

まさにこれが「Vol543 インフラ投資と国富」のテーマでした。

ちなみに、長谷川氏の言う「純資産」は、別名「国富」と呼びます。

【歴史音声コンテンツ 経世史論】

http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/

※10月1日から、長浜浩明先生の特別コンテンツ「日本人はどこから来たのか?」が視聴可能となりました。  

というわけで、日曜日で、じっくりとエントリーを読み込むことが可能な方も多いでしょうから、防災続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事