大相撲秋場所9月22日(日)千秋楽 優勝争いは3敗の3人に!

大相撲秋場所
 9月8日(日)~22日(日)
千秋楽 優勝争いは3敗の3人に!
大相撲秋場所は千秋楽、優勝争いは3敗の3人に絞られました。
このうち関脇・貴景勝は平幕・隠岐の海と3敗どうしの直接対決です。
もう1人の3敗の関脇・御嶽海は小結・遠藤と対戦します。

 

通常、千秋楽で三役と平幕の対戦は組まれませんが、日本相撲協会審判部は貴景勝と隠岐の海の直接対決を組んで、優勝争いは3敗の3人に絞られました。
過去の対戦成績は、貴景勝が3勝1敗と勝ち越しています。
貴景勝は、低く鋭い踏み込みからの突き押しで攻めきれば優位に立てます。
隠岐の海は得意の右四つに持ち込んで勝機を見いだしたいところです。
同じく3敗の御嶽海は、遠藤との顔合わせで過去の対戦成績は御嶽海の5勝4敗です。
御嶽海は、力強い出足から前に出つつも、足腰が柔らかく土俵際での粘りに定評がある遠藤を相手に
慎重さも持ち合わせた相撲を取れるかが勝負の鍵を握りそうです。
御嶽海が遠藤に勝って3敗で2人が残れば、幕内ではおととし秋場所以来、2年ぶりに優勝決定戦が行われます。

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事