大雨特別警報 安倍首相が各省庁に指示

令和元年8月28日

総理指示(5:42)

  1. 国民に対し、避難や大雨・河川の状況等に関する情報提供を適時的確に行うこと

  2. 地方自治体とも緊密に連携し、浸水が想定される住民の避難が確実に行われるよう、避難支援等の事前対策に万全を期すこと

  3. 被害が発生した場合は、被害状況を迅速に把握するとともに、人命最優先で、政府一体となって災害応急対策に全力で取り組むこと

8/28(水) 7:50配信

気象庁は5時50分頃、「重大な災害が起きる恐れが著しく高まっている」として、福岡県、佐賀県、長崎県に大雨特別警報を発表した。政府は午前5時41分に首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置し、情報収集と対応にあたっている。

また安倍首相は各省庁に対し、国民に避難や大雨に関する情報提供を適時的確に行うこと、浸水が想定される地区の住民の避難支援などの事前対策に万全を期すこと、人命最優先で災害応急対策に取り組むことを指示した。

最終更新:8/28(水) 8:29 
日本テレビ系(NNN

Source: 首相官邸ホームページ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事