株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。

チャンネルAJER『MMTとハイパーインフレ論者(その2)(前半)』三橋貴明 AJER2019.7.9

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

令和の政策ピボットにステファニー・ケルトン教授関連動画がまとめて掲載されました。

また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を! 三橋TV第122回

【軍隊が外国人なしでは成り立たない国!?】

https://youtu.be/iw9H15Ad49w  

昨日の「国の借金」ならぬ「政府貨幣発行残高」(一般的には「政府の負債」)に関連する「嘘」により、我が国は亡国に向かっています。 

世界屈指の自然災害大国でありながら、防災、減災、耐震化等に予算を付けられない。

結果、毎年、豪雨や台風で大勢の「日本人」が死んでいく。 

交通インフラの整備が遅れに遅れ、半世紀前に作られた新幹線整備計画について、未だに整備率が四割未満。 

片側一車線対面通行真ん中ポール立てという、発展途上国ですら「高速道路」とは呼ばない道路が引かれて、各地は大喜び。

それすら存在しないミッシングリンクが放置されている。 

国際リニアコライダーという、人類の文明を変えかねないプロジェクトが、「予算」が理由に一向に進まない。

 激増する高齢者の貧困層、貧困女子、シングルマザー、氷河期世代の生産者、奨学金という「数百万円の債務」を背負い、

社会に出ざるを得ない若者、親の所得が理由で教育を受けられない子供たち。「カネ」が理由で苦しんでいる同胞を、救うこともできない。

  食料自給率が低下しているにも関わらず、他の先進国のように農家や農業の保護政策を採れない。

日本ほど、農業を保護しない先進国は存在しないにも関わらず、

マスコミでは、「日本の農業は保護され過ぎている」 と、出鱈目が蔓延し、

農協解体、農業市場の外資開放、安全基準の緩和が進む。

【農業に対する政府支出の国際比較】出典:鈴木宣弘、磯田宏、飯國芳明、石井圭一による  

遺伝子組み換え種子の最大手として悪名高きモンサントは、2018年6月に独バイエル社に買収されました。

モンサントが得意としたビジネスモデルは、除草剤に耐性を持った遺伝子組み換えの種子と

、強烈な除草剤ラウンドアップをセット販売することで市場を奪っていくというものです。 

農薬分野におけるモンサント最大のヒット商品である除草剤「ラウンドアップ」は、

2000年にグリホサート(ラウンドアップの主要構成物)関連の特許が期限切れになりました。と

いうわけで、モンサントはランドアップに対する耐性を備えたGMO大豆「ラウンドアップ・レディ」を開発し、

世界市場に供給を始めたのです。 【歴史音声コンテンツ 経世史論 始動!】

http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/

 

※8月15日まで、中野剛志氏との特別対談コンテンツ【歴史とナショナリズム】をご視聴頂けます。是非、ご入会下さい。

『バイエル、除草剤訴訟で8500億円支払いか 米報道 医薬・農薬大手の独バイエルは、

同社の除草剤に発がん性があるとして米国で起こされている訴訟について、和解のために80億ドル(約8500億円)を支払う方針だ。米ブルームバーグ通信が9日、関係者の話として報じた。訴訟を起こした人数は1万8千人を超える。巨額の出費だが、和解が成立すれば投資家の懸念が薄れる可能性がある。 バイエルは2018年に種子大手の米モンサントを買収。

農業関係者が旧モンサントの主力除草剤「ラウンドアップ」の成分に発がん性があるとして訴訟を起こした。

バイエルの株価はモンサント買収時から大幅に下落している。』  20

 

 

 

続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事