株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER『MMTとハイパーインフレ論者(その2)(前半)』

 

三橋貴明 AJER2019.7.9

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

令和の政策ピボットにステファニー・ケルトン教授関連動画がまとめて掲載されました。

また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。

皆様、是非とも、メルマガ登録を! 三橋TV第121回【政府貨幣発行残高が増えて破綻する(笑)】

 

6月の景気動向指数3か月ぶりに低下 5年2か月ぶりの下げ幅  さて、もはや笑いだしたくなるほど、

消費税増税の環境が「壊れていっている」日本でございますが、それでも普通に10月1日に消費税は強行されるでしょう。 

消費税は、欠陥税制です。 何しろ、消費に対する罰金なのです。「違う!」 という人には、

「じゃあ、炭素税は何? 二酸化炭素を排出する企業に罰金を課して、炭素を排出させないようにしようという税制でしょ?」

「タバコ税は? タバコを吸う人を減らして、健康を守るために罰金を課しているんじゃないの?」 と質問した上で、

「じゃあ、消費税は?」と聞けばいいのです。消費税は、消費に対する罰金です。

つまりは、消費を減らすことが目的なのです。 

というわけで、97年に5%に消費税を引き上げ、罰金強化した以降、我が国の消費がどれだけ減ったか?(厳密には増えなかった、です) 

藤井聡先生が試算されました。

『「消費税10%で日本は先進国から転落する」京大教授が指摘「5%に上げた時、6000兆円の消費が消えた」 

政府は10月からの消費増税を予定通り進める方針だ。

しかし、8月5日の「モーニングCROSS」(MX系)では

、京都大学大学院教授の藤井聡氏が「消費増税をすると日本は先進国から転落する」と警鐘を鳴らした。 

藤井氏は、消費の伸びが芳しくない中で消費増税をしてしまうと、

ますます消費が落ち込み、景気がますます冷え込むという。(文:石川祐介)

「消費増税の破壊的インパクトはリーマンショック70個分」

 消費が増えることで経済成長し、給与が上がっていくものだが、

日本は消費税を3%から5%へ上げた際、実質消費は著しく下がってしまったと指摘する。

「京都大学の試算によると、1997年の5%の増税がなかった場合、消費は非常に伸びていた。

この増税のせいで6468兆円の消費が失われた。消費増税は大失敗。

リーマンショックの被害はおよそ92兆円だったので、消費増税の破壊的インパクトはリーマンショック70個分なんですよ」 

さらに、増税しなければ給与は今よりも高く、大学生の初任給でも30万円くらいはもらえていたと話し、

「税率を上げることで景気が悪くなり、法人税や消費税が全部下がって日本国家は貧乏になった。

こんな悪税は世の中に存在しない」と語気を強めた。(後略)』  5%に上げた時、ではなく、

5%に上げた「結果」でしょうが、「本来、増えるはずだったが、

消費税増税の結果、失われてしまった消費増」続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事