「アベ・ショック」Source: 三橋貴明氏ブログ

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。

チャンネルAJER『MMTとハイパーインフレ論者(その2)(前半)』三橋貴明 AJER2019.7.9

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

令和の政策ピボット呼びかけ人に映画批評家の前田有一氏が加わって下さいました。

また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。皆様、是非とも、メルマガ登録を!

三橋TV第120回【

恐怖のグラフが教えてくれる日本の希望】

 ついに、2019年上半期は一度も実質賃金が対前年比でプラス化することはありませんでした。恐るべき事態が進行しています。

『6月実質賃金は前年比0.5%減、物価高止まり響く=毎月勤労統計 厚生労働省が6日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、6月の実質賃金は0.5%減少と、前年同月を6カ月連続で下回った。消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)の高止まりが響いた。 ただ、名目賃金に当たる現金給与総額は45万1918円で前年同月を0.4%上回った。賞与月に当たり、「特別に支払われた給与」が18万5829円と、前年同月を0.9%上回ったことが寄与した。 (後略)』  

ちなみに、きまって支給する給与の名目値は対前年比0%。増えておりません。 特別に支払われた給与のおかげで現金給与総額が対前年比0.9%となり、きまって支給する給与は増えず、実質では双方(現金給与総額、きまって支給する給与)がマイナス。 それでも、厚生労働省のコメントは、「基調として緩やかに増加している」 でございました。 

基調として緩やかに増加、と表現したいならば、せめて「きまって支給する給与」の名目値が安定的にプラス化していないとダメでしょう・・・・。

【日本の実質賃金指数の推移(対前年比%)19年6月速報値まで】

http://mtdata.jp/data_65.html#JCJun19  

というわけで、日本の実質賃金は絵に描いたようなL字型低迷に陥っています。 

昨日、日本経済に押し寄せるリスクについて、1. 10月の消費税増税2. 

2020年五輪不況3. 米中覇権戦争による外需縮小 の三つを上げましたが、加えて、「すで続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事