「れいわ新選組山本太郎」来年の都知事選を狙っている!?自民警戒!

高橋洋一~「れいわ新選組」・「MMT」・「中国経済」 / 韓国「悲惨・無残・凄惨」の現実 / 香港デモ 暴動罪で44人起訴

気鋭のキャスター陣が、ますます混迷を深める日本の現状や国際情勢を読み解くべく、
日本最前線(Front Japan)の気概で、日々のニュースや時事のほか、様々なテーマについて取り上げ、
日本が進むべき正道を追求します!
キャスター:水島総・髙清水有子
■ ニュースPick Up ・韓国「悲惨・無残・凄惨」の現実 ・香港デモ 暴動罪で44人起訴 ・週刊言論テロ情報
■ 「れいわ新選組」・「MMT」・「中国経済」  
ゲスト:高橋洋一(嘉悦大学教授・「政策工房」会長)
※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。
以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/

一部を表示

週刊新潮・文春には反日国とそのカルトのカネと工作員が入り込んでいるとしか考えられない。 皇統を護るために、秋篠宮家を護るために、「日本の尊厳と国益を護る会」には本当に頑張ってもらわなければ。

2

Shintaro Sudo

左翼でも右翼でもなんでいいから 緊縮やめてほしい。

1

山形藤原

高橋先生が、MMTの話をするわけがないと思います。何かの間違いではないでしょうか。

4

zettonz1

朝鮮飲みは山本太郎もやってる。わかりやすい。

6

zettonz1

あの財務省が、ケルトン教授とMMTの来襲に慌てて、反論にならぬ反論をしたり、浮足立っている。マスコミもMMTを無視できず、賛否両論渦巻いている。こんなことは一度もなかった。MMTを理解できなくとも、財務省の「怯える」様子を見て、財務省を糺すのにMMTは有効なんだと、小学生でも理解できるだろう。 さらに西田昌司議員が、MMTを論拠とした質疑で、日銀副総裁に、「政府の赤字は民間の黒字」ということを認めさせた。これもまた大きな武器である。 いよいよ財務省の緊縮財政や財政均衡主義や財政破綻論を糺すための絶好の機会が到来している。 しかし、所謂保守派の多くが、MMTを有効活用しようとしない。なかには財務省や財政破綻論の御用学者と同じようにMMTを潰しにかかっている「ホシュ」もいる。なんということか。おまえら財務省をさんざん批判して潰そうとしてたんじゃないのか? 学術だけではなく、政治的にも財務省と戦う気がないのだろうか? MMTという武器を活用しようとしないことは、本気で財務省とガチンコやる気がないと思われても仕方がない。 つまり日本の再生を、デフレ脱却を、本気で考えていないということ。 そしてデフレや緊縮財政の深刻さも理解できていないということ。もはや所謂保守界隈からデフレ脱却のデの字も聞こえてこない。 MMTは口先だけの似非愛国者や似非保守までもあぶりだしている。

2

suke yu-

仮に山本太郎が都知事選に出るとして、自民がこのまま小池推しで行くならマジで負ける可能性大ですよね。自分は都民ではないけれど…都民の皆さん、マジで考えて投票して下さい。

loo ten

もう右だ左はやめろや。まずは経済を何とかしようや。

5

焼けた竹やぶ

お、高橋先生だ! 今は放送前だけど楽しみ! 高橋先生はネット番組引っ張りダコ ですね。 論評は鋭く厳しいですが とても優しい人だというのが 節々から伝わります!

7

七色鸚哥

戦後直ぐに北朝鮮から送り込まれた大量の工作員の撒いた種が今日本を滅亡に導いている。何故スパイ防止法が出来ないのか?。何故憲法改正出来ないのか?。国内にくい込んでいる反日勢力から排除しないと何にも出来ない日本ってなんなの?。こんな国はほかにないと思います。

2

山本健人

れいわ新撰組支持者の方が目覚めてくれる事を期待します!中核派、極左とつながっています!水島社長国守衆地方講習会どんどんお願いします!

11

tane chu

腸捻転を起こした盲腸半島ですね。

1

julie lynch

私は 以前に コメントで レイシン山本太郎は 選挙の 戦術が 非常にうまいと 言ったが、二人の参議院議員を 当選させた。 私が最もショックだったのは 有名な 著名人が 彼らを応援していた事が わかったからだ。憲法を改正を 反対し 原発反対、 アメリカ基地反対を 言っている人でもありますが、決して 中国の 行なっていることには 何も言わず。私は チャンネル桜を 見てもらいたいと 言いたい

2

 

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事