大阪芸術大学純丘曜彰教授、京アニを麻薬の売人以下発言で炎上!

放火事件に見舞われた京都アニメーションを「麻薬の売人以下」などと表現したコラム「終わりなき日常の終わり:京アニ放火事件の土壌」に批判の声が相次いでいる。ビジネスメディア「INSIGHT NOW!」に掲載されたこの...

放火により大きな被害を受けた京都アニメーションを「麻薬の売人以下」などと表現したコラム「終わりなき日常の終わり:京アニ放火事件の土壌」に多数の批判が集まり炎上しています。

ビジネスメディア「INSIGHT NOW!」に掲載されたこのコラムは24日、非公開になり内容に「一部不適切な発言があった」と話しています。

大阪芸術大学の純丘曜彰教授が「INSIGHT NOW!」に寄稿したコラムは7月21日に掲載されています。

コラムの最後に京都アニメーションを「偽の夢を売って弱者や敗者を精神的に搾取し続け、自分たち自身も中毒に染まるというのは、麻薬の売人以下だ」で閉めていますがこの言葉に避難が集中しているようです。

大阪芸術大学教授、京アニを麻薬の売人以下発言の反応

大阪芸術大学芸術学部教授の純丘曜彰。

京アニを「麻薬の売人以下」、40年間会社を育てた社長を「呪われた夢」、1人の狂人の犯行に対しファンが「牙を剥いて襲いかかる」と表現。
犠牲者のスタッフにもファンにも失礼すぎる。

終わりなき日常の終わり:京アニ放火事件の土壌https://www.insightnow.jp/article/10539 

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見るTwitterで画像を見るTwitterで画像を見る

1,872人がこの話題について話しています

 

 

 

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1564026388/

 

 

Source: 2ちゃんねるニュース速報+ナビ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事