20190723宮迫と亮、被害者ヅラ作戦大成功!涙の会見で批判の矛先が闇営業の悪徳芸人からブラック吉本興業へ宮迫博之、田村亮の処分撤回。吉本興業・岡本昭彦社長が涙の会見
「泣けば許させる」と勘違いしている吉本興業社長と悪徳芸人ども

7月20日に宮迫博之と田村亮が行った「涙の会見」(被害者ヅラ作戦)の後、

批判の矛先が宮迫や亮ら悪徳芸人どもから吉本興業へと激変!

問題点が、反社会的勢力との闇営業問題から、吉本興業のブラック雇用問題へと矮小化!

20190723宮迫と亮、被害者ヅラ作戦大成功!涙の会見で批判の矛先が闇営業の悪徳芸人からブラック吉本興業へ宮迫博之、田村亮の処分撤回。吉本興業・岡本昭彦社長が涙の会見

https://www.sankei.com/column/news/190723/clm1907230002-n1.html
【主張】吉本興業の不祥事 本末転倒もはなはだしい
2019.7.23 05:00、産経新聞

 何か勘違いしているのではないか。必要なのは涙や温情ではない。反社会的勢力との関係を断ち切れなかった芸人と吉本興業の、真剣な反省である。反社との関係を完全に絶つことである。

 事態をさらに悪化させているのは、芸人の虚偽報告を会社が隠蔽(いんぺい)しようとしたことである。不祥事の中身以上に、虚偽や隠蔽を疑われることが致命傷となりかねないことが分かっていない。

 芸人が反社の会合に参加し金銭を受け取っていた問題で、吉本興業の岡本昭彦社長が謝罪した。涙ながらの会見で芸人に出していた処分を撤回し会長、社長を1年間、50%の減俸とするとした。

 これに先立ち、契約解消や謹慎処分となっていた宮迫博之、田村亮の両人が泣きながら虚偽の説明を謝罪し、会社の隠蔽の指示を訴えていた。謝罪会見を行うことを会社に申し入れたところ、「(会見したら)全員クビにする」と社長に止められたのだという。

 芸人が反社から金銭を受け取ること自体、言語道断である。金銭の授受はなかったという当初の虚偽について報告を受けながら、公表を止めた会社側の責任はさらに大きい。涙の直訴を受けて処分を取り消す立場にはない。

「全員クビ」などの発言は悪質なパワーハラスメントに当たるはずだが、社長は発言を認めたうえで「冗談」「身内感覚」などと釈明した。そうした旧態依然の体質が、結果として反社を近づけているのではないか。古い体質のまま業界特有の温情に走るなら、時代錯誤以外の何物でもない。

 一連の反社との関係について、吉本と所属タレントの間に専属契約書がないことが、会社を通じない闇営業の温床になっているとの指摘があった。処分された芸人も闇営業だった。

 そうした指摘を受けても吉本側は、口頭での契約を変えるつもりはないとし、その理由は「家族のようなものだから」なのだと説明していた。およそ現代の会社組織の姿とはいえない。

 体制が変わらなければ吉本を辞めると公言するタレントが出るなど、内外から吉本の姿勢への批判が噴出していた。万事、後手に回っての社長会見である。その結果がこれでは、反社との関係を断絶できるのか極めて疑わしい。芸人だけでなく会社も猛省し、ウミを出し切らなければならない。

>何か勘違いしているのではないか。必要なのは涙や温情ではない。反社会的勢力との関係を断ち切れなかった芸人と吉本興業の、真剣な反省である。反社との関係を完全に絶つことである。
>事態をさらに悪化させているのは、芸人の虚偽報告を会社が隠蔽(いんぺい)しようとしたことである。不祥事の中身以上に、虚偽や隠蔽を疑われることが致命傷となりかねないことが分かっていない。

産経新聞の主張は、正しい!

もう世の中は既に吉本興業に対する批判で溢れているため、あえて今回のブログ記事では吉本興業に対する批判は控えめにし、反射との闇営業問題からブラック企業問題に話題をすり替えて批判の矛先を自分たちから吉本興業に変えることに大成功した宮迫博之と田村亮を糾弾する!

7月20日に行われた宮迫博之と田村亮の「涙の会見」(被害者ヅラ作戦)により、完全に世の中の批判の矛先が悪徳芸人の宮迫博之や田村亮たちから吉本興業に摩り替わってしまった!

そして、問題の中心も、悪徳芸人の闇営業問題から吉本興業のブラック企業問題にすり替わってしまっている。

しかし、吉本興業が巨悪であることは言うまでもない事実だが、悪徳芸人の宮迫博之や田村亮たちがまるで被害者のような立場になっているのは、狂っているとしか言い様が無い!

悪徳芸人の宮迫博之や田村亮たちが闇営業やったのは、事実であり、その時点でギャラの資金源が詐欺などの犯罪による金である可能性は高いのだ!

7月23日の『スッキリ』(日本テレビ系)の放送をチラッと見たが、加藤浩次などは「宮迫さんたちは、反社会的勢力だって知らなかったんだから仕方ない」などと擁護していたが、ふざけんな!
7月23日の『スッキリ』(日本テレビ系)の放送をチラッと見たが、加藤浩次などは「宮迫さんたちは、反社会的勢力だって知らなかったんだから仕方ない」などと擁護していたが、ふざけんな!

事務所を通さず、カラテカ・入江慎也からの闇営業を受けた時点で、そんな言い訳が通用するはずないだろ!

また、金持ちであっても、100万円もらったのを忘れるなんて有り得ない。

しかも、税務署に申告していないために、完全な脱税だ!

そこまでしておいて、7月20日に悪徳芸人の宮迫博之と田村亮が行った記者会見では、いい歳して涙を流して吉本興業に対する批判を展開した上で「芸人は辞めない」とか言ったのだから、はっきりって本当に反省しているはずがない!

本当に反省しているなら、全ての預貯金、有価証券などの金融商品、不動産、美術品などの資産額を公表し、その全財産を換金して詐欺グループによる被害者たちに分配するべきだ。

>芸人が反社から金銭を受け取ること自体、言語道断である。

『FRIDAY』が詐欺グループ相手の闇営業に報じた後、宮迫は100万円、田村は50万円のギャラを受け取っていながら、金銭の受領は無かったと主張したものの、その後に嘘がバレて6月24日に謹慎処分となった。
写真週刊誌は2014年12月に開催された特殊詐欺グループの忘年会に宮迫博之さんと田村亮さんと後輩芸人が参加していたことを報じました。

写真週刊誌は2014年12月に開催された特殊詐欺グループの忘年会に宮迫博之さんと田村亮さんと後輩芸人が参加していたことを報じました。

さらに、7月19日発売の『FRIDAY』では、宮迫が7億6000万円の金塊強奪犯と金銭をもらって食事などに同席する「ギャラ飲み」についても報じられた。
さらに、7月19日発売の『FRIDAY』では、宮迫が7億6000万円の金塊強奪犯と金銭をもらって食事などに同席する「ギャラ飲み」についても報じられた。

大規模「オレオレ詐欺」「金塊強盗事件」の最低でも2つの「犯罪集団」(反社会的勢力)とこれほど深い関係を持って金銭を受け取っておきながら、「反社会的勢力とは知らなかった」とか「トイレに行った帰りに、仕方なく写真撮影に応じた」とか、絶対に有り得ない!

振り込め詐欺(オレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺)を始めとする「特殊詐欺」の被害は、令和元年 (平成31年)5月までの5か月間だけで認知件数が5,541件で被害額で105億円6,000万円に達している。

一生かけて働いて貯めた預貯金や退職金の大半を失った高齢者も少なくない。

そんな「特殊詐欺」グループ「金塊強盗事件」犯罪集団などの反社会的勢力を相手に闇営業をやって、被害者から騙し取った金から100万円などをギャラとして受け取っておきながら、税務署に申告もせず、闇営業がバレそうになったら「金は受け取っていない」などと嘘を吐き、それも嘘だとバレたら、今度は吉本興業を巨悪に仕立て上げて批判の矛先を逸らし、結局「芸人は辞めない」などと言うのは、盗人猛々しい!

宮迫博之と田村亮の「涙の会見」(被害者ヅラ作戦)に騙されて、2人への批判をやめて、吉本興業ばかりを批判しているマスゴミや日本国民の大半も酷過ぎる!

また、宮迫博之と田村亮の両人と示し合わせたように、悪徳芸人どもを擁護して吉本興業だけを批判している松本人志加藤浩次などの芸人仲間も、かなり胡散臭い!

吉本興業が叩かれるのは当然だが、宮迫博之や田村亮たち悪徳芸人も絶対に許してはならない!


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/

お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。

韓国への絶縁状:変見自在セレクション
高山正之著(2019/3/18)

韓国のトリセツ - やたら面倒な隣人と上手に別れる方法 - (ワニブックスPLUS新書)
西村幸祐著(2019/5/24)

「吉本興業は当然だが、宮迫や亮ら悪徳芸人も絶対に許してはならない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
Source: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事