民主党討論会で拍手を浴びた“女性版オバマ”カマラ・ハリスとは何者

 大阪G20にトランプ米大統領が向かう最中、6月26日から2日間の日程で行われた野党・民主党のテレビ討論会。当初は支持率でリードするバイデン前副大統領(76)とサンダース上院議員(77)の一騎打ちになる…民主党討論会で拍手を浴びた“女性版オバマ” カマラ・ハリスとは何者か
7/11(木) 6:00配信 文春オンライン
民主党討論会で拍手を浴びた“女性版オバマ” カマラ・ハリスとは何者か
オバマ氏より3歳年下のハリス氏 ©共同通信社
 大阪G20にトランプ米大統領が向かう最中、6月26日から2日間の日程で行われた野党・民主党のテレビ討論会。当初は支持率でリードするバイデン前副大統領(76)とサンダース上院議員(77)の一騎打ちになると見られていたが、現地メディアが「この日の勝者」と伝えたのは、黒人女性のカマラ・ハリス上院議員(54)だった。

「あなたは差別撤廃のためのバス通学(制度)に反対するよう働きかけた。カリフォルニアのある少女は毎日、そのバスで学校に通っていた。少女とは私のことです」

 討論会中盤、バイデン氏にそう切り出したハリス氏。70年代、人種差別解消のため、黒人居住地域の子どもをバスで白人居住地域に通わせる制度があった。ところがバイデン氏は当時、バス通学の強制に反対していたという。この点を追及され、バイデン氏は「質問が聞こえない」と防戦一方。ハリス氏は聴衆から大きな拍手を浴びたのだった。

 1964年、カリフォルニア州生まれのハリス氏。スタンフォード大教授でジャマイカ人の父親と、乳がん研究者でインド人の母親の元に生まれた。だが、幼い頃に両親は離婚。母親と妹と3人、討論会でも語っていたように、黒人居住地域で小学校時代を過ごしたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00012660-bunshun-int
Source: 文春砲

ヤフーコメント



6時間前
民主党の候補者としては、いいかもしれないが、大統領としてはどうか。
理想主義を語る割には実現には程遠かった、オバマの大統領としての実績が乏しいだけに、ステレオタイプの理想像に近い候補者というのは、現実の乖離に直面して、実行が伴わない危険性が高く、オバマの二の舞になりかねない。


10時間前
文春さん、もう少し突っ込んだ記事書かないと。オバマさんが予備選戦っていた時のキャリアに比べると、ハリスさんの方が上。ただ議会での公聴会(テレビ中継があって報道される回数が多い)なんかでは、時々、詰めが甘い質問をして相手に逃げられる感じはします。
ウォーレン議員よりも理詰めな感じですね。ただウォーレン議員みたいな相手を糾弾するスタイルじゃないから、対トランプの討論会では苦労するかも。

名無しさん
12時間前
この人、民主党内の分断を招いてトランプの再選に貢献するキーパーソンになりそうだな。

名無しさん
11時間前
オカシオ・コルテス議員との関係性はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事