学力の水準がそう高くもない高校だったにも関わらず、二年の夏の時点の成績は留年一歩手前だったにも関わらず、進路相談では、堂々と大学進学を口にし、関関同立、あわよくば早慶上智を狙いたいと宣言した。担任は呆…

松尾諭「拾われた男」 #25「英語の勉強をしていたらアメリカから一本の電話がかかってきた話」

7/7(日) 11:00配信

文春オンライン

 学力の水準がそう高くもない高校だったにも関わらず、二年の夏の時点の成績は留年一歩手前だったにも関わらず、進路相談では、堂々と大学進学を口にし、関関同立、あわよくば早慶上智を狙いたいと宣言した。担任は呆れて笑っていた。

【第一話を読む】「拾われた男」松尾諭 #1「自販機の足元で航空券を拾った日」

 それと言うのも、何かにつけて嫌味ばかり言う兄の通う大学よりも上位の大学に行きたかった事と、兄もしたから一浪くらいしてもいいもんだと、勝手に解釈していた事、それと、友人の誘いで通い始めた近所の学習塾の英語講師の授業が驚くほどに分かりやすく「ちょっと頑張れば関関同立くらい余裕で受かる」と言う彼の言葉を真に受けたからであった。受験までの一年間、そこそこ頑張って勉強して、英語の成績はぐんと上がったが、英語と、もともと得意だった現代国語以外の科目はさっぱりで、やはり思惑通り浪人する事になった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190707-00012712-bunshun-ent

【関連記事】

Source: 文春砲

Yahoo!コメント


名無しさん
3時間前
継続は力なり…か、明確なビジョンがあっても飽きやすい私には続かない

名無しさん
7時間前
面白いなぁ〜!
所々しか読んでないけど、初めから全部読んでみたいな。

名無しさん
7時間前
英会話ができるとおもしろい。この間、イギリス人のおじさんに話しかけた。doyouknowsamurai?imnotsamurai.だってさw。

名無しさん
10時間前
小学校卒業と同時に1〜2か月ネイティブだけの世界にブチ込み英語漬けの特訓の日々を過ごすべき。ダラダラと何十年英語を学ぼうとできるようにならない。英語は身体的能力をフル活用した技能。日本の英語教育は知識。知識はいくら貯めても失われる。土台造りに若い青春の一時期英語に没入することが絶対必要。

名無しさん
7時間前
学生時代「海外に行くこともないし、何故英語を勉強する必要がある?」と中1の5月には英語を捨てた自分ですが、滅茶苦茶後悔しています。
あの頃の自分に言いたい。「お前、英語出来ないのに海外で仕事することになるぞ」

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事