『彼女たちの場合は』(江國香織 著) ロードノベルの傑作が圧倒的に多いのはアメリカだ。メルヴィルの『白鯨』、トウェインの『ハックルベリー・フィンの冒険』などの古典から、ケルアックの『オン・ザ・ロード』、…

移動手段は長距離バスとヒッチハイクだけ。17歳と14歳のアメリカ横断2人旅

7/7(日) 11:00配信

文春オンライン

 ロードノベルの傑作が圧倒的に多いのはアメリカだ。メルヴィルの『白鯨』、トウェインの『ハックルベリー・フィンの冒険』などの古典から、ケルアックの『オン・ザ・ロード』、ナボコフの『ロリータ』、そして現代作家マッカーシーの『ザ・ロード』まで、どれも読み応えがあり、作者の代表作であると同時にその時代の代表作でもある。

【写真】この記事の写真を見る

 そんなアメリカを舞台にした和製ロードノベルが誕生した。主人公は十七歳の逸佳(いつか)と、十四歳の礼那(れいな)。逸佳は日本の高校をドロップアウトして大検に合格し、カレッジに入るまでニューヨークに住む叔母夫婦のところに世話になる予定だったが、従妹の礼那と二人で旅に出ることにする。交通手段は基本、長距離バスとヒッチハイク。大切なルールがふたつ。「この旅のあいだにあった出来事は、永遠に二人だけの秘密にする」「もし途中で帰りたくなっても、旅が終るまでは絶対に帰ってはいけない」。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190707-00012539-bunshun-life

【関連記事】

Source: 文春砲

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事