れいわ新撰組の経済政策Source: 三橋貴明氏ブログ

株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。チャンネルAJER『MMTと銀行の信用創造(前半)』三橋貴明 AJER2019.6.11◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

7月16日(火) MMT国際シンポジウムパネリスト:ステファニー・ケルトン(NY州立大学教授)、藤井聡(京都大学大学院教授)他

http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/resilience/symposium_mmt.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

令和の政策ピボット呼びかけ人に映画批評家の前田有一氏が加わって下さいました。

また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。

皆様、是非とも、メルマガ登録を! 三橋TV第108回【反MMT派は民主主義を否定する連中です】

http://youtu.be/gUoyilThGJ8  チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演しました。

1/2【Front Japan 桜】G20の裏側で / MMT理解のコツPart2・おカネのプールはありません[桜R1/7/1]2/2【Front Japan 桜・映画】中東の移民・貧困問題の実態~映画『存在のない子供たち』[桜R1/7/1]  先日の沖縄講演で受けた質問に、「三橋先生は緊縮財政を打破できるならば、原発反対の山本太郎参議院議員とも手を組むのですか?」 という主旨のものがありました。 

手を組む云々は置いておいて、とりあえず緊縮財政打破を掲げてくれるならば、誰であろうとも支持するに決まっています。

ただし、同じ政治家が、「福島県民はやがて病気が増える。今に分かる」 といった、同じ国民を差別するような発言をしたら、超攻撃します。嘘を言っている上に、「同じ国民の不幸」を願っている時点で、最低でしょ。 前にも書きましたが、「クローン政治家」はいないんです。自分の願う通りの政治は、決して実現しません。自分が「独裁者」になったとしても無理でしょう。 自分の「理想」は絶対にかなわない。とはいえ、「よりマシ」な方向に持っていくことはできるかも知れない。 上記の「制約」の下で、一人一人が主権者としてできる限りのことをする。それが民主主義国家です。 『山本太郎から自民党を支持してきた皆様へ 法人税を減税し、消費税を増税するのはおかしくないですか? 私は野党の一員です!

◆安倍政権は経団連中心主義 私・山本太郎は、この度、「れいわ新選組」という政党を立ち上げました。6年間、参議院議員を務め、様々な政治課題に取り組んできました。その過程で、多くの国民の経済的苦境に直面し、経済政策の重要性に気づきました。 なぜ、新党を立ちあげたのか? それはどうしても国民の皆さんに訴えたいことがあるからです。 特に、自民党を支持してきた皆さんに率直に聞きたいことがあります。農業・漁業などの第一次産業の方々、中小企業の方々、商店主の方々、日本の基盤を支えてきた全国の皆さんに、どうしても聞いたい。 生活、苦しくないですか? 安倍政権になって、生活がよくなりましたか? むしろ苦境に陥っていませんか? 心まで削って生きていませんか?(後略) 』  山本太郎参議院議員の政策の骨子は、後略部に書いてありますが、以下の通りです。 〇 消費税減税、法人税・所得税増税(累進を機動的にする)〇 最低賃金を時給1500円に引上げ(政府の助成有り)〇 首都直下型地震に備え、東京一極集中を解消する(地方都市を成長させる)〇 公共投資拡大。水道、鉄道などの公共性の高いものに積極的に支出〇 奨学金続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事