株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、

お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。

チャンネルAJER『MMTと銀行の信用創造(前半)』三橋貴明 AJER2019.6.11

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

7月16日(火) MMT国際シンポジウムパネリスト:ステファニー・ケルトン(NY州立大学教授)、藤井聡(京都大学大学院教授)他

http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/resilience/symposium_mmt.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

令和の政策ピボット呼びかけ人に映画批評家の前田有一氏が加わって下さいました。

また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。

皆様、是非とも、メルマガ登録を!

三橋TV第107回【ポルナレフ国家について話すぜ】

https://youtu.be/63Yua_JRk18  

我が国の政府は、政策が不整合だらけで、しかも統計詐欺にまで手を染め、

まさに「ポルナレフ国家」と化しているわけですが、

一つだけ絶対に揺らがないスタンドならぬ基準があります。  

ジョジョで言えば、まさにDIOの「ザ・ワールド」みたいなものです。 

もちろん、プライマリーバランス黒字化目標です。ザ・ワールドがある限り、

ポルナレフたちにはどうにもならないのと同じように、PB黒字化目標がある限り、

日本国民はどうにもなりません。 

MMTについて学んだ皆さんは、

「誰かの黒字は誰かの赤字、誰かの赤字は誰かの黒字」を理解しているでしょうから、

「プライマリーバランス黒字化目標は、国民赤字化目標」 であることを理解されていると思います。

【日本のプライマリーバランス(対GDP比%)】

http://mtdata.jp/data_63.html

#PB2  安倍政権は2013年6月にPB黒字化を閣議決定した時点で、取り返しがつきかねないダメージを日本国民に与えることになりました。 

2013年から17年まで、財務省は「2020年黒字化」となる赤い点線に沿い、偏執的にPB赤字を圧縮していきます。その分、国民の黒字が減っていき、我々は貧困化しました。 

18年骨太の方針で目標達成年度が2025年に先送りされ、18年度、19年度は多少、赤字を増やすことができました。とはいえ、2013年の半分程度の水準です。 

先日、閣議決定された骨太の方針2019には、2025年黒字化目標がばっちり残っていましたので、今後は赤い実線に沿って削減されていくでしょう。 

とにかく、ザ・ワールド並の絶対的パワーでございますので、他の総てはPB黒字化目標に依存します。  つまりは、PB黒字化目標がある限り、政府が国債を増発し、財政出動に舵を切ることは不可能です。 それどころか、毎年の「削減目標」を達成するため、新規国債発行は抑続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 三橋貴明氏ブログ

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事