沖縄左翼と戦う依田啓示さんを支援しよう!

「こんにちは」。元気のいい女の子の声がした。 

マレーシアから旅行に来たピャー・ケンジーさん(39)の一家4人だった。

小学4年生のシーリンちゃんが、ひょいと「かかし工房」に顔をのぞかせたのだ。元保育園を利…

外国人に大人気 徳島の“かかし村”は、なぜ「世界の秘境」になったのか

辺境であっても、そこで面白く暮らそうとする智恵が人々を惹きつけていた

「こんにちは」。元気のいい女の子の声がした。

 マレーシアから旅行に来たピャー・ケンジーさん(39)の一家4人だった。小学4年生のシーリンちゃんが、ひょいと「かかし工房」に顔をのぞかせたのだ。元保育園を利用したかかし作りの拠点だ。

「入って下さい。かかしがいっぱいあるよ」。綾野月美さん(69)が手招きする。

「うわーっ、すごい」。シーリンちゃんと、妹の小学1年生、ジーリンちゃんは目をキラキラさせて写真を撮る。

「顔、作ってみる?」。綾野さんが針と糸を差し出すと、2人は交代で縫い始めた。

かかしの顔を作るピャーさん一家。マレーシアから訪れた

「綿などを柔らかい布で包んで顔にします。つまんで縫ったら鼻になる。体は新聞紙を丸めた棒をまとめて縛るんです。80本ぐらい使うかな。最後に本物の人間の服を着せて、出来上がり」。綾野さんが作り方を説明する。

 母のロック・ムーンチンさんも手伝うと、どことなく姉妹に似た鼻が浮かび上がった。

1体あたり80枚の新聞紙で体を作る

「マレーシアでは多くの人が知っています」

 徳島県三好市の祖谷(いや)は、四国山地の奥深くに抱かれて、「秘境」と言われる。中でも最奥の集落、名頃(なごろ)は秘境中の秘境だ。標高約900メートル。そこから先に集落はない。

 若者は出て行ってしまい、19軒に27人しか住んでいない。最年少は40代。最高齢は綾野さんの父(89)だ。65歳以上が半数以上を占める地区は「限界集落」と呼ばれるが、その典型と言っていい。

 この名頃集落には最近、世界中から観光客が訪れるようになった。

 ピャーさん夫妻も「一度来たかったんです。マレーシアでは多くの人が名頃のことを知っています。私達が行くと知って、皆うらやましがりました。今後はもっと人が来ると思いますよ」と話す。

 語弊を恐れずに言えば、日本人には打ち捨てられた辺境の集落だ。そこになぜ世界から人が訪れるのか――。

 名頃は、三好市の中心部から約60キロメートルも離れている。

 

Source: 文春砲

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。