首相動静(6月7日)

2019年06月07日22時47分

 午前7時46分、公邸発。同47分、官邸着。
 午前7時51分から同8時1分まで、東京五輪・パラリンピック推進本部。
 午前8時6分から同19分まで、閣議。
 午前8時21分から同33分まで、農林水産業・地域の活力創造本部。
 午前8時35分から同36分まで、柴山昌彦文部科学相。同37分から同39分まで、山下貴司法相。
 午前8時52分から同9時13分まで、野上浩太郎官房副長官。
 午前9時51分、官邸発。同53分、国会着。同54分、参院議長応接室へ。同57分、同室を出て参院本会議場へ。同58分から同10時まで、岩屋毅防衛相。同1分、参院本会議開会。
 午後0時26分、参院本会議休憩。同27分、参院本会議場を出て、同28分、国会発。同30分、官邸着。
 午後1時49分から同59分まで、「ワールド・ロボットサミット2018」で優勝した会津大卒業生の阿部文明さんらの表敬。同2時14分から同27分まで、鈴木直道北海道知事らの北方領土問題に関する申し入れ。宮腰光寛沖縄・北方担当相同席。
 午後2時57分、防衛省の高橋憲一事務次官、山崎幸二統合幕僚長、湯浅悟郎陸上幕僚長、山村浩海上幕僚長、丸茂吉成航空幕僚長が入った。同3時17分、山崎、湯浅、山村、丸茂各氏が出た。同43分、高橋氏が出た。
 午後3時59分から同4時29分まで、外務省の冨田浩司金融・世界経済に関する首脳会合担当大使、赤堀毅20カ国・地域(G20)サミット事務局長。同36分から同46分まで、外務省の秋葉剛男事務次官、金杉憲治アジア大洋州局長。同47分から同5時17分まで、北村滋内閣情報官。
 午後5時21分から同6時まで、高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部と官民データ活用推進戦略会議の合同会議。同1分から同2分まで、石田真敏総務相。同3分から同8分まで、山本順三国家公安委員長。同9分から同27分まで、谷内正太郎国家安全保障局長、外務省の森健良外務審議官、鈴木量博北米局長、岡浩中東アフリカ局長、資源エネルギー庁の高橋泰三長官。同31分、官邸発。同33分、公邸着。
 午後9時から同30分まで、イスラエルのネタニヤフ首相と電話会談。

スポンサーリンク




この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事